トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

低気圧と体調不良の意外な関係

スポンサードリンク

皆さんは、天候によって体調が変わったという経験がありますか?
雨の日はなんだか体がだるい…ということはありませんか?

実は低気圧と体調不良というものには深い関係があり、天候によって体調が変わるというのはあながち間違いではないのです。

体調不良というのは天候と結びついているということも多くあり、今はこの関係性などが話題となっています。

そこで、今回はこの低気圧、そして体調不良の意外な関係というものをご紹介したいと思います。
低気圧が来るたびに、体調が悪いな、と感じている人は、今回はその疑問が解決するかもしれません。ぜひ頭に入れておいてくださいね。

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

台風だったりなどの低気圧によって体調を崩すという人は意外と多いようです。
中には、頭痛だったり、さらには関節痛、さらにはめまいだったりアレルギー症状などが出るといった人たちもいるようです。

なぜこういった症状が起こるのでしょうか。

気圧の変化が体調不良の原因

まず、台風が来る前は気圧が高くなっています。
そして、台風が通過中というものは気圧が低くなっており、そして台風一過のあとには、また気圧が高くなるといった流れとなっています。

このように、台風がくることによって、気圧というものは非常に大きく変化していきます。
ですので、この気圧の大きな変化により、体がついていけない、というのが原因となっています。
耳鳴りだったり、さらには先ほどの症状や、さらには内蔵疾患にまで至ることもあるようなんですね。

まず「1気圧」の時ですが、こうしたときは「1の力」というもので、全身が大気から、常に押されている、こういった状態となっているそうです。

気圧が変化することによって、この気圧という押される力などが低下すると、大気からの圧力というものが低下するので体は膨張するということになります。

ですので、こちらの膨張によって血管やリンパの圧力だったり、勢いも低下するためいつもより血行不良を起こします。
そして、体調不良となるんですね。

気圧が下がると、体内では色々な変化が起こってしまうということなんです。
体の外側から圧迫する力というものが減少してしまい、さらには血管から血漿などが漏れ出るということになります。
そして、さらにはあちこちに「むくみ」が起こってきたりもするようです。

実は気圧というものは、体に密接に関係しており、気圧が大きく変化することによって体にはこうした負担がかかっているということなんですね。

あまりこうしたことは目に見えないので、意識することはありませんが、体調不良などが台風の際に起こったりするのは、こういったことが原因であるといえますね。

いかがでしたか?
低気圧と体調というのは密接な関係があるということが分かりますね。
こうした症状がどうしてもつらいという場合には病院に行くこともおすすめしたいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top