トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

リフォームとリノベーションの違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

家をリフォームするテレビ番組を見ていると、とても素敵な家に変身しているので、
「こんな家に住みたいなあ〜」と夢が広がりますね。

しかし、最近では、リフォームという言葉に似た
「リノベーション」を行う家が増えてきています。

家を素敵に変身させたい!と考えている人は、
リフォームとリノベーションのどちらを行うのか、ハッキリと理解しておきましょう。

reform

リフォームとは?

リフォームというのは、古くなった建物や傷などが目立っている部分に対して、
新築の状態に復活させることを指します。

中古の一戸建てはもちろん、アパートやマンションなどの賃貸物件に対しても、
前の住人が住む以前の状態に戻す事があります。

壁紙の貼り直し、キッチンや洗面台などの水周りの交換などを
行うのがリフォームになります。

リノベーションとは?

リノベーションというのは、今ある建物に対して大規模な工事を行います。
新築以上に使いやすく、便利なものにすると言う点がリフォームと異なります。

リノベーションは、間取りから変更してしまったり、デザインを変えたり、
耐震性を高める工事を行うなどが含まれます。

リフォームとリノベーションの大きな違い

基本的には、リフォームという大きな作業の中に、リノベーションが含まれます。

工事の規模を比べてみると、壁紙の修復や床の張替えなどを行うリフォームと比べると、
壁紙の下の断熱材などから入れ替えるリノベーションの方が大きな規模となります。

他にも、水道管や喚起設備を整えたりするのはリノベーションに含まれます。

そして、決め手となるのは、新築よりも良い状態になるのはリノベーション
新築と同等かはたまたそれ以下になってしまうのはリフォームとなります。

なかなか新築以下になることはないでしょうが、より良い家や施設にしたいと思ったら、
少しずつリフォームを行うのか、最初からリノベーションとして
雰囲気をガラリと変えてしまうのかを考えて行いたいところです。

家を改修するメリット・デメリット

リフォームやリノベーションを行う人は増えていますが、
それはやはり、新築を購入するよりもグッと費用を抑える事ができるからです。

比較的自由に設計をすることも出来ますし、
ピンポイントで気になる部分を直すことも出来ます。
臨機応変な対応をしていけるのがいいところです。

一方、建物の基本となる耐久年数や耐震構造が古かったり、
そういった面での不安が残るところがデメリットでもあります。

メリットとデメリットをどちらも考えながら、より良い家にしていきたいものです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top