トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ぬいぐるみの洗濯 失敗しない正しい洗い方

スポンサードリンク

ぬいぐるみをたくさん所持しているという方は多いと思います。
お子さんがいるという方、さらにぬいぐるみが好きという方、インテリアにおいているという方、たくさんいると思いますが、このぬいぐるみ、お手入れなどはきちんとしていますか?

「お手入れはしていない」だとか、「お手入れしたいけど、洗濯したら傷む気がする」ということでお手入れをしていないという方も多いと思います。お手入れの方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

12e203974e36f493e69bc6b977b03f48_s

そこで、今回は、こういったぬいぐるみの洗濯の方法をご紹介したいと思います。失敗しない正しい洗い方というものがありますので、ぜし参考にしてみてくださいね。

まず、ぬいぐるみにより洗濯できないモノ、そうでないものがありますので、そちらを分けることが大切です。

たとえば、人工皮革、革がついていたり、さらに、ウール(毛)素材のもの、さらに水で色がでるものや、大きい、硬いぬいぐるみなどは洗濯できませんので注意が必要です。

こういった大きな硬いぬいぐるみは、水を吸ってしまって変形してしまったり、布などの付属品がついているものは、はがれてしまったり、さらには水で色がでるものは、色がおちてしまったりなどの失敗があるようです。

こういった失敗を防ぐためにも、事前に洗濯できるかどうかというものの見極めが必要となります。

アンティークのぬいぐるみはクリーニング店に出す

こういったぬいぐるみや、さらにアンティークのぬいぐるみなどは、クリーニング店にだすのをお薦めします。

そして、ぬいぐるみの洗い方です。

まず洗濯できるぬいぐるみでも、洗濯機を使うと、傷んでしまったり、形が崩れてしまったりすることがありますので、まずは手洗いが基本です。

事前に色落ちテストする

さらに、事前に色落ちテストなどをする必要があります。水でしぼったタオルなどで、ぬいぐるみをこすってみてください。色がつけば洗濯は不可能です。ぬいぐるみについている付属品などはとっておいてくださいね。

そして、まずは洗い桶などに、ぬるま湯を用意し、洗っていくようにします。このときもやさしく押し洗いをするようにしてくださいね。さらに、洗剤はおしゃれ着用のものなどを使用するようにしてください。

柔軟剤なども使い、すすぎはしっかり

お好みで柔軟剤なども使用し、しっかりとすすいでいきましょう。

さらに、脱水ですが2〜3回は繰り返すようにしてくださいね。
そして、洗濯機の脱水を使うようにしましょう。そのときもタオルなどに包んで形が崩れないように工夫することが大切となっています。

さらに干しかたも、形が崩れないように工夫することが必要です。

陰干しは当然ですが、さらに形が崩れないように、十分に乾かしてください。
ものによれば3日ぐらいかかるものもあるようです。さらにブラッシングなどをすると毛並みがきれいに乾くといわれています。

いかがでしたか?洗濯できるかどうかまずわからない、という場合は潔くクリーニング店にお任せするという方法をおすすめします!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top