トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

住宅リフォームの見積もり 賢い値引き交渉のやり方

スポンサードリンク

住宅リフォームの見積もりを考えていらっしゃる方というのは多いと思います。
住宅リフォームといっても、やはり料金はマチマチであり、料金やサービスなどは、会社やメーカーによって本当に様々ですよね。

本当に料金が違いますので、できるだけ価格を下げたいと思っている場合、あるいは料金を抑えて他で使いたい…と考えている方は、やはりリフォーム会社ときちんと値引き交渉などをして、一番安く済ませることができる会社を選ぶことが必要となってきます。

489b83f1642b17da41ad89280df02eae_s

しかし、リフォーム会社の方は自ら料金を下げることはしませんし、やはりこちらから値引き交渉などをして安く済ませるというテクニックが必要ですよね。
そこで、見積もりなどで賢い値引き交渉の方法などを今回はご紹介したいと思います。

色々なリフォーム会社で見積もってもらう

まず、住宅リフォームの見積もりですが、基本として、色々なリフォーム会社で見積もってもらうことをお勧めしたいと思います。

一社に決めてしまっては、やはり料金もそれほど下がりませんし、他の会社がどの程度の料金なのかということもわからずに終わってしまうことも多いです。
なので、もっと色々と見積もりしてもらえれば安く済んでいたものを、結局損をしてしまうということが多いです。

面倒くさい…だとか、時間がない…という方もいらっしゃると思いますが、面倒でも住宅リフォームの際は、色々な会社に見積もりをしてもらいましょう。

そうすると、大体希望するリフォームがどのぐらいの値段が相場なのかということがつかめてきます。



相場が分かれば、あとは値引き交渉

相場が分かれば、あとはそこからどれぐらい値引きしてもらえるのか、ということも大体わかってきます。

なので、見積もりをしてもらう際は、様々な会社に見積もってもらい、一番お値段が安く見積もってくれた会社を基準にして「あの会社は○○円だったよ」ということを他の会社にも伝えるようにしましょう。

そうすることにより、競合しますので、さらに安くしてもらえるという可能性があります。
逆にあまり値引き交渉をしても、値段が下がらなかった場合は、その中で一番安かった会社にお任せすればよいのです。

やはり住宅リフォームというのは、1か0の世界。何としても契約をとりたい、という会社が多いですので、やはり値段を下げてくれるところが多いと思います。

さらにリフォームの仕方なども工夫が必要です。
たとえば、すべてリフォームするのか、一部だけリフォームするのか、様々な希望があると思いますが、そういったところで値段を抑えるというのも一つの手です。

さらに、リフォーム会社によって、得意分野、専門分野などがあります。
水回りだったり、あるいはバスルームだったり、専門としている会社もありますので、リフォームする場所によってはそういった会社の方が安くなったりする場合もあるようです。

ですので、こういったところでも値段が下がらないか交渉してみることをおすすめします。

いかがでしたか?面倒くさい、と思わずに、見積もりの際は最低でも6〜7社ぐらいは見てもらい、見積金額を出してもらいましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top