トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

超低金利時代到来!住宅ローンを借り換えるなら今!その方法と目安をわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

このところ住宅ローンの金利引き下げを実施する銀行が相次いでいます。

2018年5月8日には住信SBIネット銀行が史上最低金利となる0.428%という住宅ローンを発表。
その1週間前にりそな銀行が0.429%の最低金利を発表し、これに対抗したものです。

0.428%という金利がどれくらい安いかというと、1,000万円借りても、利子が年間4万円で済む計算です。

今や金利引き下げ戦争とも言える状態の銀行業界。
住宅ローンを借り換えるなら、今は絶好のチャンスと言ってもいいでしょう。

そこで、住宅ローン借り換えの方法と目安をわかりやすく解説したいと思います。

myhomeloan

住宅ローン借り換えの目安

超低金利の今、住宅ローン借り換えを検討している人も多いと思います。
では、借り換えた方がいいのはどんな人なのか?

その目安をご紹介したいと思います。

・ローン残高が1,000万円以上ある人
・ローン残期間が10年以上ある人
・現在の金利と借り換え後の金利差が1%以上ある人
・00年〜10年に住宅ローンを借りた人

00年〜10年は住宅ローンの金利が高く、元本が残っているケースも多いため、要検討です。

住宅ローン借り換えでどれくらい返済額を減らせる?

住宅ローンの借り換えを考えるとき、一番気になるのは、返済額がどれくらい減るかでしょう。

そこで、簡単なシュミレーションをご紹介したいと思います。

借入残高 2,430万円
借入期間 25年
借入時金利 年2.9%(固定金利)
毎月返済額 11万3,972円
総返済額 3,419万1,733円

上記のローンを抱える人が、住信SBIネット銀行の0.428%の住宅ローンに借り換えると、以下のようになります。

総返済額3,419万1,733円→2,706万3,096円
毎月返済額11万3,972円→9万210円
借り換えメリット額712万8,637円

何と700万円以上も得する計算になるのです。

住宅ローン借り換えの方法

住宅ローンを借り換えるには各銀行の審査と登記変更、事務手数料が必要となります。
補会にも以下のような公的書類が必要となります。

:住民税課税証明書
・所得税課税証明書
・不動産登記簿謄本
・住民票
・印鑑証明
・抵当権抹消書類

(〜等々)

これらを用意して、銀行に提出。仮審査と本審査を経て融資が実行されます。

住宅ローン借り換え手続きの手間を省く方法

住宅ローンを借り換えれば、支払額が減ることがわかっていても、手続きが複雑なため、諦めてしまう人も少なくありません。

そんな人におすすめしたいのが、手続き代行会社です。



これらの会社は、面倒な手続きのほとんどを代行してくれます。

銀行選びから申し込み作業、さらに必要な公的書類も代行で所得してもらえます。

代行料は成功報酬で、借り換えメリット額の10%がおおよその相場です。
代行業者を通せば、個人で申し込むより金利が優遇されることもあるので、代行料を支払っても得する場合もあります。

専門スタッフが複数の銀行の中からもっとも良い条件のものを選び、金利競争を促すことで有利な条件を引き出してくれます。

また、借り換えがうまく行かなかった場合は手数料や諸費用は一切かからない点も安心です。

自分でやるのは大変だと思う人は、手続き代行会社に相談してみるのもいいでしょう。

住宅ローン借り換えセンター

まとめ

超低金利の今、高い金利を払うのはバカバカしいです。
銀行業界はマイナス金利の影響もあり、業績が低迷しています。

そのため、住宅ローンの顧客獲得に力を入れており、審査も比較的緩いとも言われています。

この機会にあなたも一度住宅ローンの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top