トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

生活保護の受給資格と支給金額

スポンサードリンク

不況で、いま貧富の格差が広がっている世の中、生活保護を受給したい、と考えている方は結構いると思います。

芸能人で生活保護の不正受給が問題となるなど、生活保護について、いま話題となることが多いですね。

そこで、今回は生活保護の受給資格というもの、そしてその支給金額についてご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

生活保護の受給資格は?

まず、第一に援助してくれる身内だったり、あるいは親類がいない、ということが条件となります。

例えば、自分と生計が一緒だったり、あるいは一緒に生活している家族がいて、その人が働ける状態だったり、さらに収入がある程度ある場合には生活保護を受けたりすることはできません。

まずは、生活保護を申込みしたという際には、親や兄弟だったり、あるいは3親等以内の親類に「扶養照会」というものが届くようになっています。

これは生活保護を受けたい人の援助ができるかどうか、とういう書類になっていますので、もし援助が可能な人がいる場合には生活保護などを受けることなんかはできません。

第二に、まったく資産を持っていないという場合です。
たとえば、貯金や、土地だったり、家などを所有しているという場合では、その土地だったり、貯金だったりを売却しないと、生活保護を受けたりすることができません。

たとえば、アパートに住んでいたり、さらには家を借りている場合などは自分の家ではないので生活保護などを受けたりすることはできません。

さらに、車などをもし所有していた場合にも生活保護を受けたりすることはできません。
たとえば、病気などで、仕方なく車を所持している場合には認められる場合もあります。

第三に、病気、ケガなどで働けないという場合です。これは上の2つの主な条件が満たされているという人が前提となっているのですが、病気やケガなどがあり、どうしても働けないという人などは生活保護を受けることが可能となっています。

これらのことが生活保護の受給条件になっています。
なので、まず、面接の時点で、たとえば、お金に変えられる財産だったり、貯金などがある場合などは申請しても却下されてしまうようです。

なので、本当に親族からの援助は受けれないのか、ということだったり、さらには、実際の暮らしはどうなっているかなど、ケースワーカーの人が訪ねて確認などをすることになります。

生活保護の受給金額は?

そして、気になる生活保護の受給金額ですが、こちらは、受給できる金額ですが、お住まいの土地だったり、さらに収入や家族構成などにより異なってきます。
そして、最低限の暮らしなどがその地域で出来るような、金額などが計算されたりするようです。

生活保護費は、このように、まず物価や地価などの違いなどで、各地域に「級地」といった定めがあります。なので、お住まいの地域により、「生活保護基準」が、異なってくるのですね。

級地や生活保護基準、そして世帯全体などの収入を比べ、そして不足する金額が受給額となるようです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top