トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

本当は危険なジェネリック医薬品 その副作用と問題点

スポンサードリンク

今は、薬局などに処方箋を持っていくと「ジェネリック医薬品でも良いですか?」ということを必ず聞かれると思います。
ジェネリック医薬品は同じ効果を持つ薬を安くで手に入れることができますので、ジェネリックを愛用されている方も多いと思います。

しかし、このジェネリック医薬品、マイナス面もあることを皆さんはご存知でしょうか。

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

本当はジェネリック医薬品は、危険な面も多々あり、さらに副作用や問題点などもあるのではということが今言われています。
そこで、このジェネリック医薬品の危険性などを今回はご紹介したいと思います。

ジェネリック医薬品とは、一体何かといいますと、簡単に言うと、指定されている薬と、同じ効能があるけれど、安く買えると医薬品のことをさしています。

ジェネリック医薬品は健康保険の負担を減らすための国策!?

今は、このジェネリック医薬品ですが、色々な宣伝がされており、さもいいものであるかのように皆さんには伝わっているかと思います。

しかし、それは「ジェネリック医薬品」はそれほど素晴らしいものではなく、問題点もとても多いとのこと。実は国策で、健康保険の負担を減らすために少しでも安くしようとジェネリックがいかに素晴らしいかを今宣伝されているんですね。

こちらの「ジェネリック医薬品」というものは、元々の新薬などとまったく同じですし、効果も同じですし、さらに名前だけ違うものである、そういったことを誤解されたりしている方も多いかもしれませんが、実は違うんです。

実は期待した効能などの「主成分」というものが同じであるというだけで、微妙な副成分という、いわば混ざりものというものが入っているようです。これが実は問題となっています。

これも、メーカーによって様々で、良心的なメーカーが製造しているジェネリック医薬品はそれなりに良いものであるということが多いそうですが、あまりよくないメーカーが製造しているものは、副作用が起こるものがあったりするようです。

新薬メーカーのノウハウなどを持っているわけではないメーカーなので、ジェネリックは思わぬ副作用というものを起こすという可能性があるらしいです。

ジェネリックには臨床試験データがない

しかもそれがどういった反応なのかというのが、各個人によって全然異なってきますので、全く読めないというのが怖いところです。さらにジェネリックには臨床試験データさえありませんので、こういった点でも怖いですよね。

たとえば、体がとても丈夫な人が、服用して問題が起こらないとします。しかし、ちょっと過敏な人などがした場合などは大きな症状を引き起こしたりするようなこともあるそうです。

実は内服薬の場合は、元々体調が悪い人などが飲んでいるということが多いようなので、そうした副作用などのトラブルは意外と表面化しにくいらしいのです。
ちょっと頭痛がしたとしても元々の病気のせいだと思ってしまったりするようですね。

ところが外用薬の場合は、割とこういった副作用などは目に見えて現れますので、けっこう頻繁にジェネリック医薬品などによるトラブルなどが起きているそうです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top