トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「思い」と「想い」の違いは?正しい使い分け方もわかりやすく解説します

スポンサードリンク

ここのところ、同じ読みで感じが違う言葉に関する記事を続けて書いています。
ひとつ見つけると、次々に見つかるんですよね(笑

ということで、今回は・・・
「思い」と「想い」

どちらも「おもい」ですが、どんな違いがあるのか?
そして、使い分け方にルールはあるのか?

そこで、「思い」と「想い」の違いと正しい使い分け方を調べてみました。

omoi

「思い」の意味

まずは「思い」を辞書で調べてみました。

「心がその対象に向かって働くこと。その内容。心に秘めた気持」
「心を燃やすような、心の働き。執着心。愛着する心」

「想い」の意味

「想い」は基本的に「思い」と同じ意味を持ちます。

ただし、「想い」には、以下の意味があります。

「心の中で考える、おもいをめぐらせる」

より心にイメージするときに「想い」を使うようです。

「思い」と「想い」の違い

「思い」は一般的に広くおもう場合に使われます。
思考・思案・思索・思慮・意思などは「思」が使われます。

一方、「想う」はある対象を心に浮かべる場合に使われます。
回想・追想・夢想・空想・発想などは「想」が使われます。

「思い」という広い集合体の中に「想い」が含まれる。
こう考えればいいのではないでしょうか。

「思い」と「想い」は常用漢字か否かの違いもあります。

「思い」は常用漢字に指定されているため、新聞などでは「思い」が使われます。

「思い」と「想い」の使い分け方

では、「思い」と「想い」はどのように使い分ければいいのでしょうか?

「思い」を使うとき・・・

考えを述べる→正しいと思います
気持ちを言う→悔しい思い

「想い」を使うとき・・・

感情を表す→あなたへの想いが募ります
過去を語る→懐かしい想いで一杯です

「思い」と「想い」の使い分けは・・・

頭でおもうときは「思い」
心でおもうときは「想い」

具体的なものに対しては「思い」
抽象的なものに対しては「想い」

こう考えておけばいいでしょう。

まとめ

「おもい」は基本的には「思い」を使えば、問題ありません。
「思い」は常用漢字なので、新聞などは「思い」です。

一方、「想い」は詩作や音楽など芸術的なニュアンスを持ちます。
また、ロマンチックな雰囲気も持っています。

たとえば、「片思い」と「片想い」

「片想い」の方が何となく詩的な感じがしませんか?

日本語ってホント奥深いですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top