トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ルサンチマンの意味と正しい使い方

スポンサードリンク

テレビのニュースを観ているとき、
コメンテーターが時々難解な言葉を使うことがありますよね。

「ルサンチマン」
あなたはこの言葉を説明できますか?

ルサンチマンとは、フランス語です。
ressentiment

ルサンチマンはもともとは哲学用語で、
フランスの哲学者ニーチェが生み出した言葉です。

132925

ルサンチマンの意味は?

意味は怨恨。
「恨み(うらみ)、妬み(ねたみ)、嫉み(そねみ)」です。

ニーチェは社会の中では、弱者や被支配者は、
支配者や強者への憎悪を溜め込んでいると考えました。

そこで、「弱者の道徳」から成り立つのが、
ルサンチマンであるとしたのです。

ルサンチマンの使い方

では、ルサンチマンという言葉の使い方は、

「彼の行動は現代社会に対するルサンチマンに満ちている」
「彼女はルサンチマンを抱えたままこの世を去った」

こんな感じで使えば、ちょっと賢そうに見えますよね(笑)

ちなみに、ニーチェの代表作「ツァラトゥストラはかく語りき」の中では、
「無力によって起きる歯ぎしりや復讐心」と表現しています。

不遇な晩年を送ったニーチェ

ニーチェというと、歴史に残る哲学者として知られますが、
晩年は不運続きでした。

著作物は誰からも認めらず、
愛した女性は他の男の元に去り、
身体も壊しています。

こうなると、人や社会を恨んでしまう
「ルサンチマン」状態に陥ってしまうものですが、
ニーチェはこれはいけないと考えました。

「ルサンチマン」は人間が喜びを感じる力を弱くする。
その結果、何を見てもマイナス思考になり、
自分の住む世界は「ルサンチマン」であふれてしまう。

ニーチェはこの状況を乗り越えるためには、
ささやかな喜びを感じることが必要だとしました。

そのためには、「価値観の転換」訴えたのです。

確かに、人間の幸せというのは、
物の見方や考え方ひとつで変わりますよね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top