トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

IOCとは?仮想通貨との違いもわかりやすく解説します

スポンサードリンク

最近ニュースなどで「IOC」という用語が頻繁に取り上げられるようになりました。

このIOCは仮想通貨と一緒に出てくることが多いのですが、いまひとつよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はIOCについてわかりやすく解説するとともに、仮想通貨との違いについてもご紹介したいと思います。

ico

IOCとは?

ICOとは、「Intial Coin Offering」の略。
仮想通貨を使った資金調達方法のことをいいます。

仮想通貨については、すでにご存知の方も多いと思いますが、ここで簡単におさらいしておきましょう。

仮想通貨とは、一般に流通している紙幣や硬貨のような現物は存在せず、電子データのみでやりとりされる通貨のことです。

もっとも有名なのは、「ビットコイン」ですが、この仮想通貨は誰でも発行することができるのが大きな特徴です。
そのため、現在では約1000種類も存在すると言われています。

仮想通貨は決済、送金、投資、資金調達などに活用され、最近は仮想通貨で買い物できる店も増えています。

ICOは、資金調達の手段として活用されています。

仮想通貨との違いは?

ICOと仮想通貨の違いは活用法にあります。

通常、企業などに投資する場合は株やクラウドファンディングなどで行いますが、ICOは企業に投資をする見返りに独自の仮想通貨と呼ばれる「トークン」を受け取ります

簡単に言えば、この仮想通貨は株券の代わりのようなものです。

IOCの仕組み

IOCの仕組みは非常にシンプルです。
まずIOCを行う個人や企業は独自の仮想通貨と呼ばれる「トークン」を発行します。

トークンとは、簡単に言うと、「ブロックチェーン上で発行した独自コイン」です。

なんかどんどんややこしくなってきましたね(笑

ブロックチェーン」 を簡単に解説すると、「仮想通貨」が通貨として機能し、サービスが成り立つ上で非常に重要な技術です。

要は、仮想通貨を流通させるために不可欠な技術と思っておけばいいでしょう。

では、話をIOCに戻します。

IOC投資のやり方

IOCによって、資金を調達したい企業や個人は「ブロックチェーン上で発行した独自コイン」であるトークンを割安な価格で投資家に販売します。

そして、投資家はビットコインなどの信頼性の高い仮想通貨で支払いをします。

トークンを発行した企業や個人は投資家から集めた仮想通貨を仮想通貨取引所などで円やドルなどに現金化して、事業資金を得ます。

一方、投資家は、割安で購入したトークンが値上がりすると取引所で売却をして利益を得ます。

これがIOC投資のやり方です。

IOCを行うメリット

企業などがIOCを行うメリットは何と言ってもコストがかからないことです。

通常、企業が資金調達するときはIPOによって資金を調達します。

IPOとは「Intial Public Offering」の略で新規公開株のこと。
自社の株を投資家に売却することで取引所に上場し、その株を売って資金を調達するというものです。

しかし、株式を上場させるには、取引所が定める審査などが必要となり、時間がかかります。
ICOであれば、こうした審査などは必要ないため、比較的簡単に資金調達ができるのです。

ICOとIPOとクラウドファンディングの違い

次に、ICOとクラウドファンディング違いについて解説します。

クラウドファンディングは実際の事業を展開するための資金調達です。
そのため、投資家にはそのリターンとしてサービスや商品などが還元されます。

これに対し、ICOは仮想通貨を介した投資であるため、サービスや商品などは必要ありません。
実際にその仮想通貨が流通されはじめたら売却によって利益を得ることができます。

しかし、その分危険性は高まるのです。

IOCの危険性

ICOが危険だと言われる理由は信頼性が低さです。

トークンは誰でも作ることができるため、詐欺の温床になりかねないのです。
実際、韓国や中国ではICOは全面的に禁止されています。

ICO投資は当たれば確かに大きな利益を得ることができますが、その分詐欺に遭う可能性もあるのです。

そのため、ICO投資をやる場合は、信頼できる企業を選ぶなど、慎重な姿勢で臨む必要があります。

まとめ

一時、大暴落して大きな話題になった仮想通貨。
しかし、現在も仮想通貨に投資する人は多く、大きな利益を得ている人もいるようです。

そんな仮想通貨を使ったICOが新たな投資法として脚光を浴びるのもわからなくはありません。

ただし、その一方で、ICO投資を謳った詐欺が横行しているのも事実です。

もし、あなたがICO投資を始めたいと考えているなら、まずはICOについてしっかり学ぶことが先決です。
くれぐれも甘い話に乗らないよう注意して下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top