トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

LINE Pay(ラインペイ)とは?使い方とメリット・デメリットをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

今や電子マネーは生活の中でなくてはならないものになりました。
スマホにSuicaやApple Payを入れて使っている人も多いと思います。

そんな中、最近よく耳にするのが、LINE Pay(ラインペイ)です。

LINEは多くの人がスマホに入れているので、LINE Payを使えるようになると、より生活の幅が拡がります。

そこで、今回はLINE Payの使い方、メリット・デメリットをわかりやすく解説したいと思います。

スクリーンショット 2018-03-13 23.31.58

LINE Pay(ラインペイ)とは?

LINE Pay(ラインペイ)は、LINEでお金を送ったり、ネットショッピングの支払いができるモバイル送金・決済サービスです。

LINE Payには以下のような機能があります。

・「チャージ機能」〜LINE Payに入金する
・「送金機能」〜LINEの友だちに送金する
・「決済機能」〜LINE Pay加盟店や提携サービスで決済を行う
・「出金機能」〜LINE Payに貯まったお金を引き出す

送金機能を使えば、LINEの友だちであれば口座番号を知らなくても、送金できます。
銀行振込のように手数料はかからず、24時間365日いつでも利用できます。

決済サービスでは、LINEストアやLINE Pay導入加盟店や提携サービスでの決済ができます。

LINE Payの始め方

LINE Payの登録はLINEアプリからおこないます。

①LINEを起動してその他からLINE Payをタップします。
②ガイダンスが表示されるので、はじめるをタップして進みます。
③LINE Pay専用のパスワードを設定します。
④「利用規約に同意」「プライバシーポリシーに同意」「LINE(株)からのお客様情報の提供」のすべてをチェックし、完了をタップします。
⑤LINE Payの画面が表示されるので、次のステップという部分をタップします。
⑥アカウントの登録に必要な個人情報(氏名や住所)を入力します。
⑦利用規約に同意をタップすると利用規約が表示されるので、画面をスクロールして同意しますをタップします。

これでLINE Payを使えるようになります。

LINE Payにチャージする方法

LINE Payにお金を入れるには「チャージ」が必要です。
チャージは銀行口座、コンビニエンスストア、Pay-easyの3種類が利用できます。

ここではコンビニでのチャージ方法を紹介します。

①LINE Payの画面を開いたら、チャージをタップします。
②コンビニ決済をタップし、金額を設定してコンビニからチャージします。
③受付番号と予約番号の記載されたページが表示されるので、対象のコンビニで支払いを済ませます。
④コンビニにある端末を操作し、受付番号と予約番号を入力します。
⑤レシートが発行されるので、レジに持って行って支払います。

支払いを済ませると、すぐにチャージされ、LINE Payが使えるようになります。

LINE Payにクレジットカードを登録する方法

クレジットカードを登録すると、残高がなくても決済でLINE Payが利用できます。

①LINE Payの画面からカード登録をタップします。
②カードの情報を入力します。
③クレジットカード登録、確認の順にタップしてクレジットカードの登録を完了させます。

LINE Payの動画解説

文字だけではわかりにくいと思いますので、解説動画もご紹介したいと思います。

【LINE Pay】登録から決済までの最短時間に挑む!

クレカ必要無し!超簡単にネットで買物出来る「LINE Pay」レビュー

LINE Payの安全性は?

LINE Payを使う場合、安全性が気になりますが、強固なセキュリティ対策が施されているので、安心して使えます。

LINE Pay専用のパスワードで不正使用防止

LINE Payでは、LINEのパスワードとは別に、LINE Pay専用のパスワードの登録を必須となっています。
決済・送金などお金が移動する機能の利用時には、専用パスワードの入力が毎回必須となります。

万が一、第三者によってLINEアカウントに不正ログインされた場合や、LINEの画面を開いたまま席を外して不正に操作されてしまった場合も、悪用されることはありません。

銀行口座情報・カード情報は全て暗号化

LINEが取り扱う個人情報は、LINE Pay利用時の照会などに使用する情報のみです。
登録した銀行口座情報やカード情報は全て暗号化して保管されます。
支払先の店舗にも送金先の友だちにも渡らないため、安心です。

全ての送金・決済・出金が補償の対象

LINE Payでは、不正行為によって発生した損害を補償する利用者補償制度があります。
全ての送金・決済・出金が補償の対象となり、損害額はLINE社が補償してくれます。

LINE Payのメリット・デメリットは?

LINE Payのメリットとしてまず挙げられるのが、無料で使える点です。
個人間でもお金のやり取りが無料でできます。

友だちへの送金の他に割り勘ができます。
また、使った瞬間にLINEで通知が来ます。

LINE PAYカードが使えるのもメリットです。

LINE PAYカードはプリペイド式なので審査なしでスピード発行されます。
JCBに加盟している約3,000万店舗で使え、100円つかうごとに2ポイントたまり、1ポイント1円として使えます。

一方、デメリットですが、あまり見当たりません。
あえて言えば・・・

・利用明細をアプリでしか確認できない
ふつうのクレジットカードのように明細書も届かず、Webサイト上で確認することはできません。

・月額課金サービスへの決済はできない
月額で引き落とすサービスは原則的に利用できません。

これくらいでしょうか。

スマホをなくしたときの不安はありますが、補償制度もあるので、それ程心配する必要なないでしょう。

まとめ

LINE PAYについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

個人的な感想としては、Suicaなどの電子マネーに比べると、それほど優位性が感じられませんでした。

ただし、個人間のお金のやりとりに使うなら、LINE PAYは便利だと思います。
振込手数料もかからず、24時間365日利用できます。

また、割り勘機能も面白いと思います。

LINEスタンプやLINEショップなどLINE関連サービスを利用する場合はLINE PAYは便利です。

用途に合わせて、LINE PAYとその他の電子マネーを使い分けるといいでしょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top