トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

接骨院と整形外科の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

体を使う職業についていたり、スポーツを本格的に行う人は、
体の不調が起こりやすいと言えるでしょう。

ちょっとした怪我、大きな怪我、また原因はわからないけど筋肉や骨が痛いと感じる…
など、場合によっては病院での治療が必要になることもあります。

体の痛みや怪我となると、「接骨院」か「整形外科」に行くことが多いですが、
この2つのうち、適切な方を選んで通院できているのでしょうか?

sekkotu

間違った方を選んでいると、適切な処置を受けられなくて、
治療が長引いてしまうことになりかねません。

では、接骨院と整形外科の違いをここで見てみましょう。

接骨院とは

接骨院は、別名で整骨院とも呼ばれていて、
“柔道整復師”という資格を持った人が経営しています。

柔道整復師というのは、柔道をしていると起きやすい怪我である骨折や捻挫、
打撲などを中心に治療する職業のことです。

しかし、医者ではないのでレントゲンを撮ったり、
神経などの痛みの原因を詳しく調べることはできません。

また、注射を打つことや薬を処方することも不可能です。

『最近肩こりがひどい』、
『野球ボールが強く当たって赤くなってしまった』、
『腰が痛くて生活に支障が出る』

こうした場合、特に緊急性がない場合は接骨院へ行くと良いでしょう。

整形外科とは

接骨院に対して整形外科は医師が担当しているため、患部のレントゲンを撮ったり、
もっと詳しく調べるためのMRI検査を行うことができます。

また、接骨院ではできなかった神経や筋肉、腱の異常も治療できる場所です。
必要であれば注射を使ったり、手術を行うこともあります。

『明らかに歩けないほど足を痛めた』、
『骨折した場所の痛みが酷く緊急で見てもらいたい』、
『筋肉が熱を持ったようでおかしい』

など、強い痛みや違和感があるときは、接骨院よりも整形外科を選ぶと良いでしょう。

まとめ

接骨院も整形外科も、治療できる部分はとても似ていますが、
より悩みが大きい時は医療的な処置が必要となるかもしれないので、
整形外科へと行く方がいいでしょう。

また、接骨院も整形外科も、ひとつの場所で決めてしまわずに、
治療が長引くようなら違う病院、接骨院へと足を運ぶのが得策です。

これは、けがの状態を見て最初は接骨院へ行ったけど、
もっとしっかり治療しないといけないから整形外科へ行く…という事とも同じです。

治りにくい状態になってしまってからでは遅いので、
自分の体の状態をしっかり判断して、適切な治療院を選べるといいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top