トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

初めての一人暮らしの最低費用は?東京で30万円以内に抑える方法を徹底検証!

スポンサードリンク

春は新生活のシーズンです。
大学入学や就職で上京して、初めて一人暮らしをするという人は多いと思います。
東京は物価が高いだけにちゃんと生活できるのか?不安になってしまいますね。

では、一人暮らしをするのに最低どのくらいの費用がかかるのか?
アパートを借りるのにいくらかかるのか?家具や家電を購入費用は?

そんな悩みを持つ人は多いのでは?

どれくらいの金額を用意できるかは人によって違いますが、調べてみると、目安となる最低の初期費用は30〜50万円くらいが相場のようです。

そこで、ぎりぎりのラインである30万円の予算で、東京で本当に一人暮らしを始めることができるのか?
早速検証してみました。

oneroom

新居の物件探し

一人暮らしを始めるにあたって、まず確保しなければならないのが新居です。

ちなみに、東京で比較的家賃が安めなのは以下のエリアとなります。

・足立区
・葛飾区
・江戸川区
・練馬区
・板橋区

上記エリアのワンルームマンションであれば、6万円前後で借りることが可能です。

できるだけ交通の便が良くて人気のエリアに住みたいという人におすすめなのが、「部屋まる。」というサイトです。



東京6万円以下専門店【部屋まる。】

「部屋まる。」は東京で家賃6万円以下の物件を集めた専門店。
駅や沿線、住所、地図から検索できて、希望の物件を探すことができます。

入居にかかる最低費用

続いて、部屋を借りるときの最低費用をみていきましょう。

仮に家賃6万円のワンルームマンションを借りるとします。
最近は礼金敷金無料の物件も増えていますが、ここでは敷金1ヶ月分のみ必要として計算します。

・敷金 1ヶ月分 60,000円
・前家賃 1ヶ月分 60,000円
・共益費 3,000円(おおよその相場)
・火災保険料 15,000円(おおよその相場)

※その他、仲介手数料がかかる場合もありますが、無料の物件とします。

合計額を計算すると・・・

138,000円。

残りは162,000円です。

引っ越し代

次に必要になるのが、引っ越し費用です。
費用は業者によって変わってくるので、必ず比較見積もりサイトを使いましょう。

高いところと安いところでは2〜3万円違ってきます。

今回は引っ越し費用30,000円とします。

すると、賃貸費用と合わせて168,000円。
残りは132,000円。

家電・家具購入費用

最後に必要となるのが、部屋に置く家電・家具です。

家電

家電は最低限のものだけ揃えるようにしましょう。

テレビ 30,000円
冷蔵庫 30,000円
電子レンジ 10,000円

合計 70,000円

洗濯機は買わなくても、大丈夫です。
近くのコインランドリーを利用しましょう。

※エアコンは常備している物件が多いので、今回は費用から除外しています。

ここまでで総費用は238,000円です。

家具

家具は必要なものだけにしましょう。
以下はおおよその費用です。

・ソファーベッド 20,000円
・寝具 5,000円
・テーブル 6,000円
・収納ボックス 6,000円(1,500円×4)
・カーテン 3,000円
・食器・調理器具 5,000円
・掃除用具 2,000円

合計で47,000円。

総費用は285,000円です。

何とか30万円以下に収まりました。

まとめ

ということで、初めての東京一人暮らしで30万円以内に抑える方法を紹介しました。
あらためてまとめると・・・

・入居費 138,000円
・引っ越し費 30,000円
・家電購入費 70,000円
・家具購入費 47,000円

これはあくまでも最低限の費用なので、もう少しかかる場合もあります。

逆に、家具や家電などはリサイクルショップなどで中古品を買えば、さらに費用を抑えることもできます。
また、家具や家電を一括レンタルしてくれる業者もあるので、そちらを検討してみてもいいでしょう。

一人暮らしの費用は無駄を省くことでかなり抑えることができます。
生活用品はあとからでも揃えられるものが少なくありません。
「本当に今必要なものか?」を徹底的に自問して準備することをおすすめします。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top