トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

尊厳死とは何か?安楽死との違いは?

スポンサードリンク

高齢化社会である現在、尊厳死や安楽死に関する事柄などはニュースなどの特集でもよく目にします。

そこで、よく話題となる尊厳死と安楽死について、あなたはきちんと区別などがついていますか?

どちらの死も、「選択して死ぬ」という点では同じとなりますが、どこかに違いがあるのでしょうか?日本国内ではこの尊厳死と安楽死、明確に区別がつけられています。

人として最後を迎えるのは皆平等であり、その時に楽に死ぬ事は最後の望みであることもあるでしょうね。たとえば、最近では日本尊厳死協会が法制化を求めたりなどを行っています。

ea8ee62b45a9824d6503ffe7e4db760e_s

尊厳死とは?

まず、尊厳死とは何か、というと、まずは不治の病などで末期に至った患者が、本人の意思に基づき、死期を引き延ばすための延命措置などをすっぱりと止め、自然の流れで受け入れるという死のことを指します。

こちらは本人の意思が最も重要な意味を持っていまして、こういった尊厳死は、自己の意志により受け入れたという自然死と、同じようなものだと考えられますね。

つまりは、尊厳死とは、字の通りですが、人間としての尊厳を最後まで保って死に至ることを指します。つまり、死に方を自分で選ぶ、人間として最後まで選択の意志を持って死ぬという言い方がわかりやすいのではないでしょうか。

こちらの尊厳死としばしば一緒にされるのが安楽死ですね。

安楽死とは?

まず、安楽死の定義ですが、 まず、こちらは意図的に行われるという「死なせる」行為であり、患者本人の意志、もしくは要求に応じて、患者の自殺を幇助するなどして死に至らせることだったり、さらにはおよび、患者本人の意志だけではなく、さらに、患者本人が意思表示が不可能である場合には、患者の親や子・配偶者などの意志や、要求に応じ、治療を終了して、死に至らしめることなどを指します。

医師が回復不能の場合、薬などで死期を早めることなどもこの安楽死に入ります。
つまり、患者が最後まで、人間らしく生きるため、 本人が望んで行うとするのが尊厳死、そして 本人の意思はあるとして第三者が判断し死に至らしめるのが安楽死といえるでしょう。

日本では認められていない安楽死

日本国内では、この尊厳死を法制化しようとする動きはあるものの、安楽死においては認められていません。
論理の問題が大きく、この問題は高齢化社会において、さらに根強い問題となるでしょう。

安楽死をさせてしまい、罪を問われた医師なども世の中には存在しますが日本国内でこうした法がきちんと法制化されるまでは、グレーゾーンとして、色々な意見が出まくるのではないでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top