トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

メンタルが弱い人におすすめ!メンタルを強くする5つの方法

スポンサードリンク

仕事、人間関係など、生活をしていればどこかで失敗をすることもあります。

しかし、失敗をした時にすぐに立ち直れるか、
はたまた落ち込んだ状態が長く続くかは、その人の性格によって違います。

「メンタルが弱いから落ち込む」と言われて、
余計に自分に自信がなくなってしまうこともあるでしょうが、
その弱さを少しのコツで強くしていく方法もあるんです。

all

メンタルが弱い人の特徴

メンタルが弱い、落ち込みやすいという人には、

・真面目すぎるところがある
・責任感が強く、手を抜けない
・おとなしく、どちらかというと内向的
・心配や不安を大きくしがち

という特徴があります。

こういった性格や特徴がマイナスであるということではありませんが、
力を抜くところが無かったり、妥協できない人というのは、
それだけ失敗や挫折に出くわしたときに、うまく対処できないといった面を持っています。

その結果、自分に自信がなくなっていき、「次も失敗したらどうしよう」などの
悪循環に陥ってしまうのです。

メンタルを強くするポイント

1.自分の弱さを紙に書く

落ち込んでいる時、失敗した時の気持ちを、素直にノートなどに書き出してみましょう。

どんなシーンでどんな気持ちになったのか、
書きだすことで自分の状態を見直すことができます。

2.小さなことでも達成感をもつ

大きな目標ばかりだと疲れてしまうので、そこに向かうための小さな目標も作って、
コツコツ頑張る姿勢を作りましょう。

例えば、「この企画書ができたら私は偉い!」「人より先に挨拶できた!」など、
とても些細なことからで構いません。

こうすることで自信を取り戻したり、強すぎる責任感から解放されていくでしょう。

3.休日の過ごし方を変える

休みの日は、いつもよりもたくさん眠ってしまったり、
食事の回数もそれに伴って減ったりしがちです。

しかし、このリズムを平日と同じように整えると、有意義な1日を過ごすことに繋がり、
休日に効果的な気分転換ができます。

4.比べる自分をやめる

周りの人と自分を比べると、どうしても自分の嫌なところが目立つものです。
だからこそ、少しずつでいいので獣医と自分を比べるのをやめていきましょう。

他人と比較している思考に気づいたら、「ストップ!」と
自分の気持ちを止めるように心の中で呼びかけていくと、少しずつ考え方が変わってきます。

5.自分をほめる自分を作る

心の中に、自分のことをいつも褒めてくれる自分を作ってみましょう。
1日の終わりに、「今日も頑張ったね」と心の中で呼びかけていくことで、
失敗を乗り越える力がついていくでしょう。

友達や家族が落ち込んでいる時、自分ならどう言葉をかけるか…
ということをイメージして、自分のことを自分で褒めたり励ます練習をしていきましょう。

メンタル面の弱さは、ストレスに対する耐性が少ないという事でもあります。
ストレスは、あらゆる病気の元になると言っても過言ではありません。

重たい症状に発展する前に、自分で手軽にできるメンタル強化法を試していきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top