トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

効果のある快眠アプリは?睡眠と目覚めを改善してくれる人気アプリランキング

スポンサードリンク

今や健康もスマホアプリで管理する時代になってきました。
そんな中、人気を集めているのが、快眠アプリです。

快眠アプリは快適な睡眠をサポートしてくれるというものですが、ネットで調べてみると、利用者も多く、高い評価を得ているものが結構あります。

そこで、効果があると評判の快眠アプリをネットで調べて独自にランキングしてみました。

kaimin

1位 Sleep Cycle alarm clock

iPhone版はこちら 
Android版はこちら 

Sleep Cycleは睡眠を分析して快適で自然な目覚めを実現してくれるアプリです。
使い方はとても簡単で、Sleep Cycleをインストールしたスマホを枕元に置いて寝るだけ。
世界中で愛用されている人気アプリです。

アプリの仕組みは次のようになっています。

音や動きを検知して睡眠を測定

スマホのマイクが睡眠中の音や加速度センサーが検知した寝返りなどの動きをアプリが自動で分析。
睡眠の深さをリアルタイムで測定して、あらかじめ設定した起床時間の30分前からの時間の中で、もっとも眠りが浅くなったタイミングにアラームを鳴らしてくれるというものです。

眠りが浅くなったら優しく気持ちよく起こしてくれる

睡眠には眠りが浅いレム睡眠と眠りが深いノンレム睡眠の2パターンがあります。
人間はノンレム睡眠の時に起こされると、なかなか起きれません。
一方、レム睡眠の時に起きれば、すっきりと目覚めることができます。

Sleep Cycleはもっとも眠りが浅くなったタイミングを検知して、起こしてくれます。
アラーム音も最初は静かで、徐々に大きくなるようになっています。
さらに、スマホに入れた音楽をアラーム音に設定することもできます。

管理人も実際に使ってみましたが、すっきりと目覚めることができました。
ネットでの評価も高く、文句なしのナンバーワンです。

ちなみに、twitterには、自分の睡眠履歴を見られる点を評価する声が多かったです。

2位 熟睡アラーム

iPhone版はこちら 
Android版はこちら 

日本睡眠学会評議員の内田直教授が監修しているアプリです。
機能的には「Sleep Cycle alarm clock」と同じく、レム睡眠とノンレム睡眠を検知して快適な目覚めをサポートしてくれます。

このアプリが良いのは、目覚めだけではなく、寝つきを良くしてくれる機能もあることです。

熟睡に導いてくれるオリジナルサウンドも無料で配信されていて、「さざ波」などの自然音から「子守唄」までリラックスできるものがそろっています。

3位 478呼吸法サポート

iPhone版はこちら 
Android版はこちら 

478呼吸法を音と振動でサポートしてくれるアプリです。
アメリカのアリゾナ州立大学のアンドルーワイル博士が推奨している呼吸法です。
睡眠障害を改善する効果が科学的に実証されている瞑想のひとつです。

478呼吸法のやり方はアプリに表示されやり方をそのまま行うだけ。
眠る前にこの呼吸法を行うと、リラックス効果で快眠できます。

4位 ぐっすりーにゃ

iPhone版はこちら 
Android版はこちら 

睡眠改善薬「ドリエル」を製造販売しているエスエス製薬が開発したアプリです。

寝る前にアプリを起動し枕元に置けば、動きをアプリが感知して、睡眠中の状態をグラフで記録してくれるというものです。

「Sleep Cycle alarm clock」と似ていますが、こちらは猫のキャラクターや着せ替え用のレアアイテムが手に入るなど、ゲーム感覚で使えるのが特徴です。

また、Facebookとの連携できるなど、SNS機能も活用できます。

5位 睡眠アプリ 〜ドリミン〜

iPhone版はこちら 
Android版はこちら 

こちらは眠る前に聴くと快眠できるというアプリです。
なかなか寝付けないという人におすすめです。
波の音や川のせせらぎなどリラックスできる音があらかじめ用意されていて、好みに合わせて選べます。

このアプリはバイノーラル・ビートという左右の耳から異なる周波数の音を聴いたときの周波数の差に合わせて、脳波を変化させてしまうことでやさしい眠りに誘ってくれるのが特徴です。

まとめ

ということで、快眠アプリについてご紹介しましたが、科学的に効果が実証された研究データを元に開発されているものが多く、使ってみる価値はあります。

快眠アプリの大半は無料もしくは無料の試用版です。
眠りに悩んでいる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top