トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

大学のスカラシップ制度 そのメリットとデメリットは?

スポンサードリンク

皆さんは、大学のスカラシップ制度というものはご存知でしょうか?

こちらは国公私立の大学そして大学院及び短期大学が実施している、奨学金制度・授業料減免制度です。

こちらのスカラシップ制度とは、まず学力や能力を持っていて、さらに進学に対する意欲がある、そして家庭の経済的な理由により進学が難しいといった条件にあてはまる学生などのために、国や民間の組織が、学費の一部を負担し、そしてその学費を貸し出す制度です。

b3957a8cf91803a098f8f317339465c1_s

この制度には色々な種類があり、家庭の経済的な問題にかかわらずに、学生本人の卓越した能力だったり、さらには学力に対して給付されるという奨学金もあります。

さて、現在は大学進学家庭の約4割が、この奨学金制度を利用しているそうです。
大学に進学したい、しかし、授業料を払っていけるほど、家庭に経済的余裕がないというときに、まず頭に浮かぶのがこちらのスカラシップ制度ではないでしょうか。

しかし、一言で奨学金と言っても、種類や選び方も様々ですし、さらには教育ローンともまた違ってきます。ですので、きちんとメリット・デメリットなど知っておきたいですよね。

スカラシップ制度のメリット

そこで、このスカラシップ制度のメリットをまずご紹介します。
まずは、このスカラシップ制度のメリットは、やはり、とても利息が安いということです。
常識的に考えて、これほど安い利息、もしくは無利息で借りられるということは学生の特権ですし、教育ローンとは違い、とてもお得となっています。かつ在学中は利子が付かないという借金です。
これを借りられるのは学生の特権だと思います。さらに返済開始は就業開始後といった奨学金制度がほとんどです。
さらに、社会的に受け入れられやすいものである、ということです。
借金というと良くないイメージが多いですが、奨学金の場合は少し違ってきます。

もちろん、奨学金も実質は「借金」であることに変わりはないのですが、純粋に勉学のために借りているお金であるということで社会的にも受け入れられやすくマイナスにはなりにくいと思います。

スカラシップ制度のデメリット

しかし、やはりデメリットもあります。

まず、所定の返還を怠ると、延滞金が生じるといったリスクなども伴います。
ですので、返還義務、そして滞納リスクを頭に入れておく必要があります。
返還義務がある以上は、借金をしていることと大差がないですので、利用せずに済むのだとしたら、なるべく利用しないほうがよいでしょう。

さらに、必ず通るとは限らないことです。奨学金を申請した場合は、審査が行われます。
これらの審査に通らないとまず、奨学金を利用することができません。

この審査基準は機関や学校によって異なります。ですので、自分が在籍している学校のことをよく確認しておく必要があります。

さらに、留年、休学をすることが実質不可能となります。

奨学金を受け取れる期間は多くの場合「卒業までの最短修業年限」とされているんです。
ですので、大学の4年間を超えて受け取ることはできません。

留年・休学してしまった場合は卒業まで支給を受けることができなくなるのがデメリットといえるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top