トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

腹腔鏡手術の費用は?保険は適用される?

スポンサードリンク

最近、腹腔鏡下手術の社会的ニーズが高まっています。

腹腔鏡手術は、歴史は浅いですが、今もっとも進歩が著しい分野であって、さらにその器械類も毎年進化しているそうです。

そこで、腹腔鏡下手術とは一体どういうものなのでしょうか?
そして費用はいくらぐらいなのでしょうか。

0b7ceb1276ce307f9044b15e227ed397_s

腹腔鏡下手術とは

まず、腹腔とはいわゆる「おなかのなか」です。胃や腸などの臓器が納まっている空間を指します。
普通の開腹手術とは違い、腹腔鏡を使った手術となります。

どのように行うのかというと腹腔鏡手術は、腹部に5-12mm程の穴を開けます。
そして、穴を4-5箇所あけて、そこからカメラ、そして専用の電気メスや鉗子という道具を入れ、そして医師がテレビモニターを見ながら施術をするといった手術になります。

最終的には、切除する場合、その部位であるたとえば胃や腸などをおなかの中から取り出さなくてはいけませんので3-5cm程の傷がおなかにつくことになりますが、従来の開腹手術とは全く違い、その傷などを比較するとその差は明らかで、とても小さな傷で済みますし、美容的に優れているといえるでしょう。

最大の特徴は、体への負担が少ない手術であることです。

傷が小さいということで、美容的にも優れていますし、さらに術後の痛みが軽く、早期に退院することが可能となりますので患者さんの負担は少なくて済みます。
このメリットがいっぱいの腹腔鏡手術、費用が気になるところです。
一体費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

腹腔鏡手術の費用

まず、こちらの腹腔鏡手術自体は、通常の開腹手術と比較すると約2倍程度の費用が発生します。
基本的に費用はまちまちであり、健康保険が適用されない自費扱いの場合などもあり、通常の開腹手術よりは費用は高くなります。

婦人科の場合などは良性腫瘍の場合は保険適用がされますが、悪性腫瘍は現時点では保険適応ではありませんので、行っていないという病院もあります。保険適用されていても、保険適用されない器具を使用した場合、その都度自費が発生したりなどこの場合もまちまちのようです。

しかし、最近では、 婦人科のがんで最も多いといわれている子宮がんのひとつである「子宮体がん」の手術、「腹腔鏡下子宮体がん根治術」が、平成26年4月より、健康保険が適用されることになりました。

平成26年4月、「子宮体がん」の手術は健康保険が適用

最近、子宮体がんは、目立って増加しつつありますので、これはとても良いお知らせです。
この腹腔鏡手術は自費治療が多いため患者は、多大の経済的負担が必要となります。

しかし、今回の健康保険適用により多くの患者が手術を受けることができることになりました。子宮がんでお悩みに方は、この手術もあるということを頭に入れておくといいでしょう。

開腹手術よりもメリットも多いこの腹腔鏡手術、こういった費用の面などデメリットもありますので、そういった点も考慮することが大切です。
手術を考えている方はいくらぐらい費用が掛かるのか予め相談しておいておくことをおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top