トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

糖尿病の人が食べていいもの、食べてはいけないもの

スポンサードリンク

糖尿病の患者数は増えているようですよね。
糖尿病とは、どういった病気なのかというと、まず血液中のブドウ糖の量である、血糖値が増えた状態というのが長く続く状態の病気です。こちら、悪化するとさらに様々な合併症などをひき起こすという病気なんです。

さらに、こちらの糖尿病は、糖尿病になりやすい体質というものがもともとありますが、こういったなりやすい、体質をもっている人に、さらに肥満だったり、過食さらに運動不足、ストレスなどといった環境的要因が加わり発症するといわれています。

そこで、この糖尿病治療の基本といえば、食事療法になります。

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s

この食事療法というのがとても重要で、たとえば、経口薬だったり、さらにインスリン注射などで血糖値などをコントロールすることも糖尿病患者の方には必要ですが、それらのことに加えて、食事療法というものをきちんと行うこと、こちらが前提となるんです。

そこで、よく糖尿病の人が食べてもいいもの、食べてはいけないもの、といわれますが、どういった食べ物をとればいいのかということをご紹介します。

糖尿病の食事制限は基本的にない

まず、この食事療法といっても、本当に今は特別なことを行わなければいけないわけではないんです。

まず、多くの人が、糖尿病なら、すごい食事制限があるのだろう、と思いがちですが、実は糖尿病だから食べてはいけないもの、あるいはたくさん食べた方がいいというものは基本的にありません。

糖尿病の場合、まず『その人に適正な量」というものを、色々な食品から、バランス良く色々と摂取することが大切です。

こうした糖尿病の人たちのバランスの良い食事が、「理想的な健康食」として、最近では、話題となり、糖尿病ではない、一般の人などにも注目されているんです。

しかし、食べてはいけないものは、基本的にないですが、控えた方がいい、というものはあります。つまりは量を気を付ける、というものです。

アルコールは控えた方がいい

まずは、「アルコール」ですね。アルコールはつい飲みすぎてしまうことが多いですが、量には気を付けた方がよさそうです。

血糖値がきちんとコントロールされている状態、あるいは、糖尿病の症状が軽く合併症がないのであれば少量のアルコールなどを飲んでも構いません。しかし量などは飲みすぎないように、抑えましょう。

さらに、お酒を飲んだ場合その分のエネルギー量というのを食事で調節することを忘れないようにしましょう。さらに、お酒を飲んだからといって、主食を抜いたりせずバランスの良い食事は必ずとるようにしましょうね。

さらに、「塩分の多い食べ物」だったり、「砂糖の多い食べ物」など、これらの食べ物などもできれば控えめに量を少なめにした方が賢明です。

さらに、米には食物繊維が多いですし、血糖値の上昇などもパンより緩やかとなっていますので、食べてはいけないというわけではありませんが、主食はパンよりもご飯の方が良いといえるでしょう。

砂糖の多い食べ物は控えめに

さらに、する必要がありますので、まず、ケーキやお菓子だったり、スイーツなどの甘いものが好きな場合、低カロリーのスイーツ、あるいは果物を少量食べたりして、置き換えるなどするなど、工夫することが大切です。

さらに、野菜だったり、海草類など食物繊維の多い食材は糖尿病の方にも良い、といわれていますので、できるだけとるようにしたほうがいいですし、血糖値を急上昇させないように、食べる際には先に食べた方がいいといえるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top