トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

定年後の再就職に有利な資格おすすめランキング

スポンサードリンク

今、定年後の生活が苦しいという悩みが増えているようです。

年金の支給年齢が引き上げられるといわれており、こうなると、年金が支給されるまでの数年間は空白の期間というものができますので、その間は厳しい生活というものを強いられることになってしまいます。

そこで、こうした定年後の不安をなくすために、定年後の再就職というものが見直されてきています。

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

定年後に再就職口があれば、こうした年金の支給年齢が上がったとしても数年間は収入を確保することができますし、老後を悠々自適にすごすことができるわけです。

そこで、こうした定年後の再就職に有利な資格というものをご紹介したいと思います。

ランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位 マンション管理士

まずは、あるアンケートにおいて、サラリーマンに対し、定年退職後取得したい資格として、
まず、1位がマンション管理士となっているようです。

高齢者がマンションの管理人をしているというケースを目にするということはよくあると思います。

そこで、これまでの社会人経験というのが活かせる、コンサルタント資格であるというマンション管理士は、こうした中高年層の定年後の対策にも非常に人気だそうです。

こういったマンション管理会社に必要である、管理業務主任者とあわせて、こうした資格をダブルで取得するという人も増えてきているようですね。

中高齢者ならではの気配りだったり、さらには人生経験などが活かせますし、体力的にもこうした職業は就きやすいといったメリットがあるようですね。

2位 英語検定

さらに2位は、英語検定となっています。
なぜ英語検定なのかといいますと、とくに現代のビジネスなどでは、英語能力が重要になってきているという傾向があります。

英語があれば、多少の年齢のハンデというものを払拭する武器というものになってくれます。
たとえば、英語があれば、企業だけではありません。

地元の自治体だったり、さらには観光地での通訳だったり、翻訳の仕事などにも役立ちますし、さらには外国人の多い観光スポットなどのサービス業などにつけたりもするようです。

元々販売経験がある場合なら、こうした英語は強みになったりすることも多いでしょう。

3位 宅地建物取引主任者

こちらの宅建もですが、需要が大変多く、宅建を取得しようと勉強しているという方は非常に多いようです。

結構な難易度が高い資格となっていますが、その分収入もなかなか良いそうです。
中高年の方も資格を取得するためにスクールへ通っていたりすることも多いようですね。

こちらも体力を使いませんので、実は年齢を問わずに資格取得を目指すことができるものですし、定年後の資格として人気があるようですね。

いかがでしたか?定年後もこういった資格を持っていると、比較的に再就職などがしやすいといわれています。

何もないよりは資格があれば安心した老後が過ごせそうですよね。
ぜひこういった資格、検討してみてはいかがでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top