トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

若返りメイク 動画で学ぶ化粧のコツとポイント

スポンサードリンク

若返りたい!と思っている方はたくさんいると思います。
最近肌の老化が気になる…という方や、目元にしわができてきた、という方、さらにお肌のハリがなくなってきたという方はいらっしゃると思います。

こういった悩みは尽きませんし、できれば費用をかけないで若返りたいですよね。
そこで、若返りメイクというものを今回はご紹介したいと思います。

化粧のコツやポイントを掴むだけで、こういった若返りメイクをさっそく取り入れることができます。
こういった若返りメイクなら、誰しもができますし、さらにたかいお金をかけないで、手軽に若返りを目指すことができます!

若返りたいと考えている方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

こちらに化粧のコツなどを動画で見ることができます。

たとえば、若返りのメイクのコツですが、まずは色がポイントとなります!
昔からずっとやってきたメイクで、ブラウンなどを使っている…という方はいらっしゃると思いますが、これが大きな間違いです!

若いころは「大人っぽく見せよう」だとか、「シックに見える」といった印象から、暗めの色を使っていたと思いますが、今でもこういったメイクを続けていると、なんとなく老けた感じだったり、さらには年齢が上に見られてしまったりすることになりがちです。

なので、若返りメイクのポイントは「オレンジ」だったり「白」などの明るいカラーを取り入れることがおすすめです。

動画のように、まぶたなどのアイシャドーとして重ね塗りに少し取り入れてみたり、さらにはチークだったりなどにも少し取り入れることで、顔全体が華やかなメイクとなります。

なので、とても若く華やかに見えるんですね。
今までカラーを同じ色ばかり使いがちな方はぜひ試してみてくださいね。

眉は太くするのが若く見えるコツ

さらに、眉は自眉で太くするというのが若く見えるそうです!
たとえば、年齢層が高めの方は眉毛は細く書いてしまいがちですよね。

さらに、少し前までは眉毛は細いのがむしろ当たり前、のようになっていました。
しかし、今は違います。

最近の薄盛りメイクというものでは実は顔の中で今まで以上、眉毛の存在感というものが鍵を握ることになっており、逆にふと眉が今は可愛い、という時代になっています。
雑誌などでも、よく可愛いメイクとして、ふと眉のメイクが挙げられています。

今、眉を抜いている人だったり、さらに短くしている人は今すぐお手入れをやめてみましょう。
そして、3か月ほどのガマンとなります。

自眉の、全体像が見えてきたのなら、少し太めを目安にして、そして眉を整えてみることをおすすめします。

たとえば、動画のように眉毛を書いていきますが、少し太めとなるように整えていくというのがコツとなります。

眉が細い人などは、まずブラシで毛流れを整えていき、そしてパウダーブロウなどで太さを出していきましょう。

描き足すには、眉の下にしておきましょう。太めにするだけで、なんと、顔がはっきりしますし、とても若々しい印象になるんですよ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top