トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「ご愁傷様でした」「お悔やみ申し上げます」の違いと使い分け方

スポンサードリンク

お通夜や告別式に出たときに、
一番気を遣うのは、遺族にかける言葉です。

b8c43c565d341a1b48eb0ed2d2a1824f_s

相手の悲しみを考えると、失礼のない言葉使いをしたいものです。

そんな葬儀の場で、必ず使われるのが、
「ご愁傷様でした」
「お悔やみ申し上げます」
という2つの言葉です。

そもそも、「ご愁傷様でした」と「お悔やみ申し上げます」には、
どんな違いがあるのか?どう使い分ければいいのか?

そんな疑問を抱く人も少なくないのでは?
そこで、その違いと正しい使い分け方をご紹介したいと思います。

「ご愁傷様でした」の意味は?

「愁傷」は「嘆き悲しむ」という意味です。
人が亡くなった時のお悔みのあいさつを言います。
したがって、「ご愁傷様」は不幸のあった人に
「お気の毒さまです」という意味合いで使います。

「お悔やみ申し上げます」の意味は?

「お悔やみ」は人の死を悲しみ弔うという意味。
遺族に対して、述べる言葉です。

「お悔やみ申し上げます」という言葉が転じたものが、
「ご愁傷様」となります。

「ご愁傷様でした」「お悔やみ申し上げます」の使い分け方

「ご愁傷様でした」と「お悔やみ申し上げます」は、
葬儀の場でどちらを使ってもかまいません。

また、「ご愁傷様でした。お悔やみ申し上げます」と、
両方使うのもOKです。

ちなみに、
「お悔やみ申し上げます」は弔電、遺族との会話のいずれでも
使えますが、「ご愁傷様でございます」は遺族との会話でのみ使います。

葬儀で使ってはいけない言葉

亡くなった人を悼むときに使う言葉に、
「ご冥福をお祈りします」というのがあります。

これは弔電であればいいのですが、
直接に遺族に言うのは、NGです。

「ご冥福をお祈りします」は故人への言葉で、
ご冥福を遺族に祈るものではないのです。

こういう時は、「ご愁傷様でございます」を使いましょう。

また、葬儀の場では、「重ね重ね」「くれぐれも」
といった重ね言葉も使わないようにしましょう。
不幸が続く印象を与えかねないからです。

そして、「頑張ってください」という勇気づけるような言葉も
遺族の負担になるので、使うのは避けましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top