トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「貴社」「御社」「当社」「弊社」の違いは?正しい使い分けもわかりやすく解説します

スポンサードリンク

就活シーズンを迎え、街ではリクルートスーツに身を包んだ学生を見かけるようになりました。
この時期、学生たちが迷う言葉でよく出てくるのが、会社の呼び方です。

代表的なのは、「貴社(きしゃ)」と「御社(おんしゃ)」
また、「当社(とうしゃ)」と「弊社(へいしゃ)」と言う場合もありますね。

それぞれの違いと正しい使い分け方をあなたは知っていますか?

syodan

この4つの呼び名は2つのグループに分かれます。

「貴社(きしゃ)」と「御社(おんしゃ)」
「当社(とうしゃ)」と「弊社(へいしゃ)」

では、順番に見ていきましょう?

「貴社(きしゃ)」と「御社(おんしゃ)」の違いは?

「貴社・御社」は言うまでもなく、「相手の会社」を指す言葉です。

「貴」と「御」は尊敬語です。

「貴」は「尊いこと ・身分・価値が高いこと」を意味し、相手への敬意を表すときに使います。
「御」は名詞などの頭に付け、尊敬・丁寧の意を表すときに使います。

ちなみに、「御」は「お」と「おん」の両方の読み方があります。
違いは、「お」よりも「おん」の方が尊敬・丁寧の意を強く表すということです。

したがって、「貴社」と「御社」は相手の会社に対して、尊敬の念を込めたときに使います。
相手の会社に対する尊敬語という意味では違いはありません。

ここまではわかりますよね。

問題はこの先です。

では、「貴社」と「御社」はどう使い分ければいいのか?

「貴社(きしゃ)」と「御社(おんしゃ)」の使い分け方は?

たとえば、就活面接で学生が志望動機を問われたとき。

「貴社の企業理念に共感致しました」
「御社の企業理念に共感致しました」

あなたはどちらを使いますか?

正解は後者。
「御社の企業理念に共感致しました」です。

では、履歴書に志望動機を書くとき。

「貴社の企業理念に共感致しました」
「御社の企業理念に共感致しました」

この場合は、正解は前者。
「貴社の企業理念に共感致しました」です。

したがって、違いはこうなります。

貴社→文字で書く時に使う
御社→話し言葉の時に使う

これが正しい使い分け方です。

ただし、これは厳密なものではありません。
どちらかでなければ絶対に間違いという訳ではないので、一般常識と思っておいてください。

とはいえ、正しい使い分け方を知っているに超したことはありませんね。

ちなみに、入社後の取引先への電話は「御社」、
資料などに書くときは「貴社」となります。

では、次に、「当社(とうしゃ)」と「弊社(へいしゃ)」です。

「当社(とうしゃ)」と「弊社(へいしゃ)」の違いは?

当社も弊社も「自分の会社」を表す言葉です。
したがって、面接などの場合は採用側が使う言葉です。

間違っても面接を受ける学生が「当社の企業理念に」など言ってはいけませんよ。

では、「当社」と「弊社」の違いはなんでしょう?

その違いは、

当社→身内で使う
弊社→社外に対して使う

「弊」は謙譲語でへりくだった言い方をするときに使います。

「当社(とうしゃ)」と「弊社(へいしゃ)」の使い分け方は?

たとえば、面接担当者が学生に言うとき。

「当社はグローバルな人材を求めております」
「弊社はグローバルな人材を求めております」

厳密に言えば、学生は社外の人間なので、「弊社」が正しいですが、「当社」を使ってもかまいません。

相手が社外の人間であっても、企業として強気な姿勢を見せる目的で「当社」と使うことがあります。
当社の他に我が社という言い方もありますが、これも同じです。

結論としては、「当社」と「弊社」はどちらを使ってもいい。
弊社はへりくだった言い方、当社は自信のある言い方と覚えておけばいいでしょう。

まとめ

4つの会社の呼び方について解説しました。

もう一度おさらいしておくと、

「貴社(きしゃ)」「御社(おんしゃ)」→相手先の会社
「当社(とうしゃ)」「弊社(へいしゃ)」→自分の会社

そして、貴社は文字で書く時。
御社は話し言葉の時。

「当社(とうしゃ)」「弊社(へいしゃ)」は、

当社→身内で使う
弊社→社外に対して使う

ということになります。

正しい使い方を覚えておくと、スムーズな使い分けができます。
あなたもこれを機会にきちんと知っておいて下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top