トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

大人のおねしょ よくわかる原因と治す方法

スポンサードリンク

「おねしょ」と聞くと、小さなお子さんだけの問題だと思いがちです。

しかし最近では、「大人のおねしょ」が注目されるようになりました。

85446af38239f6512842ed4d553f9d70_s

子供の場合はまだトイレに行くことが不慣れであったり、
夜に尿意で起きるということが少ないため、おねしょしても、
それが何度も続かなければ問題視されることは少ないようです。

しかし、大人の場合はそこに病が隠されていることがあり、
軽視することはできません。

また、大人の場合は尿意で起きることも、我慢することもできるはずなのに
おこってしまうことから、子供よりもその原因が複雑なのです。

こうした大人のおねしょは、区別するために「夜尿症」と呼ばれています。

夜尿症の原因

子供がおしっこを漏らしてしまうことは「おねしょ」と呼ばれます。

だいたい6〜7歳の幼児期に起こるものをこう言いますが、
それ以降になっても漏らしてしまう状態になると
「夜尿症」という名前で呼ばれるようになります。

生まれたころから現在まで、夜尿が続いてしまう時には『一次性夜尿症』と言い、
これは膀胱の成長が遅くて容量が少なかったり、利尿を防ぐホルモンが
少なくて夜漏らしてしまうなど、体の成長が追い付いていないことが原因です。

一次性夜尿症は成長と共に治ることが多いケースです。

一方、治ったにもかかわらず再発してしまうと『二次性夜尿症』と呼ばれ、
その原因は成長が遅いこととは異なってきます。

二次性夜尿症の原因

・ホルモンバランス、神経伝達、大脳のはたらきの乱れ
・糖尿病、中枢神経、ヘルニアなど他の疾患の影響によるもの
・睡眠時無呼吸症候群によって、夜の尿の量が増えてしまうこと
・ストレスなどによる睡眠障害、夢遊病による影響

などが考えられてます。

また、女性の場合は特に出産後のホルモンの乱れや、
育児の疲れによって起こる
とも言われています。

夜尿症を治すには

夜尿症を治療する方法として、一般的なのは服薬による治療です。
膀胱機能を落ち着かえる『抗コリン剤』と呼ばれる種類の薬や、
直接的に尿の量を抑える薬などが用いられます。

同時に、ストレスなどの内的要因には、カウンセリングで
長期的に解決していく方法もあります。
薬で抑えても、ストレスなどの根本的な原因がなくならなければ、
ループになってしまうからです。

自分でできる治療法

病院で治療する以外にも、自分でも気を付けていけることもあります。

・一時的に、寝る前に水分を取らないようにする
・寝る前に体を冷やさず、できるだけ温かい状態で眠る(湯たんぽなどで布団を温める)
・誰かに起こされないよう、一人で寝るようにする

などです。

そして、気持ちの上では、決して焦らないことが大切です。

また、家族が夜尿症であるときにも、焦らせたり、
自己評価を下げるような態度をとってはいけません。

原因となるストレスをなくしていくことは難しいことですが、
本人も家族も、ゆとりある考えをもって
長期的な目でみておかなければならないのです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top