トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

知的障害、発達障害、学習障害の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

知的障害、発達障害、学習障害はよく似た言葉ですが、
医学的にはどう違うのでしょうか?

146939

・知的障害とは?

知的障害とは、知的能力に問題があり、
周囲の支援が必要な障害を持つ人だと言われますが、
法律的な定義はありません。

知的障害は、知能障害とも呼ばれ、
その大半は幼少期から青年期に至る発達段階で起きると言われています。

知的障害は症状によって、軽度・中度・重度の3段階に分けられますが、
軽度の場合は周りからは気づかれないことも多いようです。

・知的障害の原因とは?

なぜ知的障害が生じるのかはわかっておらず、
およそ8割の人が原因不明だと言われています。

残る2割は、出産時のトラブルで酸素不足になったり、
乳幼児期に高熱を発したことが原因になることもあるようです。

また、先天的な原因で生じることもあり、
染色体の異常などがこれにあたります。

・発達障害とは?

発達障害は脳機能の障害が原因となっています。
知的障害は発達障害のひとつと考えていいでしょう。

発達障害の診断は、
「コミュニケーション能力」や「適応能力」など行われます。

自閉症は「発達障害」のひとつですが、
知的障害をともなっているケースもあります。
両者の症状は似通っており、自閉症にも知的障害がともなう場合があります。

・学習障害との違いは?

学習障害は知的障害と症状が似ていますが、
特定の学習に問題がある場合を学習障害といいます。

知的障害は学習だけでなく、
全般的に知能の発達に遅れがあります。

学習障害と知的障害は
一般的には知能指数で分けられます。

学習障害:IQ(知能指数)70以上で学習障害の症状がある場合
知的障害:IQ(知能指数)70以下

・知的障害者への支援は?

知的障害者の認定を受けると、療育手帳が交付されます。
これには、知的障害の程度が2段階で記載されており、
Aは最重度・重度、Bは中度・軽度となっています。

知的障害者の認定を受けると、
特別障害者手当や障害年金などを受けられる場合もあるので、
最寄りの相談機関に尋ねてみるといいでしょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top