トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「軽傷」「重傷」「重体」の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

事故や事件のニュースでよく出てくるのが、負傷者の状態を指す言葉です。

これは基本的に3つに分類されます。
「軽傷」
「重傷」
「重体」

あなたはこの3つの違いをきちんと説明できますか?

プリント

実はそれぞれの呼び方には、
治療にかかる日数や症状の重さによって違いがあるのです。

・「軽傷」とは?

「軽傷」はその名の通り「軽いケガ」のこと。
説明しなくてもだいたいわかりますよね。

ただし、この「軽傷」にも定義があります。
軽傷は、全治30日未満のケガのことをいいます。

・「重傷」とは?

重傷は、全治30日以上のケガのことをいいます。
負傷の度合いは重いものの、命に別状はない状態を指します。

・「重体」とは?

重体はケガの程度がもっとも深刻な状態を言います。

生死に関わるときに使われます。
「意識不明の重体」という表現が使われることがありますが、
これはまさしく危険な状態です。

つまり、「重体」と「重傷」の違いは、
命に関わる病状が重体、
命には別状はないが重い病状が重傷
ということになります。

重傷の場合は「全治〇ヶ月の重傷」という言い方をしますが、
重体の場合は「全治〇ヶ月の重体」とは言いませんよね。
これは生死に関わる状態だからです。
軽傷の場合も「全治〇ヶ月の軽傷」とは言いません。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top