トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

インフルエンザと風邪の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

空気が冷たく、乾燥した季節になると、気を付けたいのが風邪です。
しかし、風邪よりももっと重症化するのがインフルエンザです。

120000

風邪もインフルエンザもどちらの場合も病院へ行って、
適切な薬をもらうことが大切ですが、インフルエンザの場合は
病院側や他の患者さんに迷惑が掛かってしまうこともあるため、
インフルエンザの疑いがあるときには一度連絡を入れてから…
という対策を取っている病院もあります。

では、そんな時、ただの風邪なのかインフルエンザなのかを判断する、
2つの病気の違いを詳しく知っておきましょう。

○風邪(普通感冒)

・1年中発症する
・主に、のどの痛みや咳、くしゃみ、鼻水が現れる
・症状の進行はゆっくりで、発熱も38度以下である場合が多い
・原因となるウイルスは、コロナウイルスやライノウイルス

○インフルエンザ

・冬に流行する
・風邪の症状に加えて、全身倦怠感や関節痛、筋肉痛、食欲不振など全身症状が出る
・症状が急激に進行し、38度以上の高熱を伴う
・インフルエンザウイルスによって発生する

このように、風邪とインフルエンザには大きな違いがあります。

まず、第一に熱の高さを観察し、その温度まで急激に上がったとしたら、
インフルエンザである可能性が高い
ので、病院へ電話をして、
どのような行動をとるのが良いか指示を仰ぎましょう。

インフルエンザだった場合、空気感染の恐れがあるため、
病院の待合室で他の患者さんにうつしてしまう可能性があるためです。

また、風邪は咳や鼻水のように、呼吸器官などに主な症状があらわれますが、
インフルエンザは全身に症状が現れます。

特に、体の痛みやだるさというのは、インフルエンザの最大の特徴です。

こうした違いを念頭に置いておき、正しい行動をとれるように
日ごろから意識しておくのが良いでしょう。

風邪、インフルエンザの予防法

風邪やインフルエンザはかかってしまうと大変ですが、
予防方法は簡単です。

ウイルスを体に寄せ付けなければいいのです。

そのためには、

・外から帰ってきたら手洗いとうがいを徹底する
・人ごみの中ではマスクをつける
・寝るときには室内の湿度をある程度保っておく
・家族に風邪やインフルエンザの疑いがある場合、
 タオルや食器を一時的に分ける

こうした予防策をとることが推奨されます。

室内に濡らしたタオルをつるすだけでも湿度は上がりますし、
マスクはお得なパックで売っています。

ちょっとした心がけで病気を防ぐことができるのですから、
面倒くさがらずに行っていきましょう。

風邪やインフルエンザは、体に辛い症状が現れ、
精神的にも辛い日々が続いてしまいます。

そうならないためには、毎日のちょっとした心がけが大切です。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top