トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

家庭用光脱毛器の効果は?正しい使い方と注意点

スポンサードリンク

脱毛というと脱毛サロンへ通うのが一般的ですが、
家庭で簡単にできる家庭用の脱毛器を使う人も増えています。

サロンへいちいち通わなくてもいいですし、
機器を一度買ってしまえば費用もそこまでかかりません。

ですが、サロンで行わず自己判断で脱毛を行うので、
使い方に気を付けて行ったり、アフターケアにも気を遣わなければなりません。

datumou

では、自宅で家庭用脱毛器を使う場合の注意点や、
使い方のポイントを覚えておきましょう。

光脱毛器の特徴

家庭用の脱毛器の中で、レーザータイプが一般的ですが、
痛みや肌への負担を考えて、光脱毛器を選択する方も多いようです。

光脱毛器は、威力が強い光を1回当てるワンショットタイプと、
弱い光で複数回脱毛施術を行う複数ショットタイプ
とがあります。

痛みが少ない方が良いという時には複数ショットが、
短期間で広範囲の脱毛をしたいときには、ワンショットがオススメです。

光脱毛器の使い方

脱毛器の使い方については、機器によって少しずつ違いがあるため、
詳しくはそれぞれの説明書をしっかりと読むことが大切です。

共通点としては、使う前に保冷材などを使って肌を冷やしておくことです。
光の威力が肌に与える影響を軽減できます。

そして、脱毛を行う時間として、一度行ったら
2週間〜1ヶ月は間を開ける
ようにしましょう。

これは、毛の生え変わりの周期を利用して、光を当てていくためです。
毛の周期は個人差がありますが、だいたいこれくらいの周期を開けておく必要があります。

家庭で脱毛するときの注意点

紫外線の影響が強い時期(春〜夏)にかけて脱毛するときは、
日焼けしてしまわないように気を付けておきましょう。

日焼け止めを塗っても影響が出ることがあるので、
布で覆って直接日に当てないことが大切です。

また、脱毛するときにその個所にほくろがあるときは、
ほくろに光を当てないように、絆創膏などで覆っておきます。

メラニン色素にダメージを与えるので、ほくろに光が当たると
やけどのような症状が出る恐れがあるためです。

同じように、目立つ傷口やタトゥーにも
光が当たらないように気を付ける必要があります。

そして脱毛後は入浴せず、シャワー程度で済ませます。
肌を清潔に保つことは重要なので、素早く体を洗う程度にしておきましょう。

家庭用の脱毛器も使い方を身に着ければ非常に簡単で、手軽な美容アイテムです。
脱毛後の肌の保湿ケアも怠らないようにして、理想のツルツル肌になりましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top