トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違いをわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

結婚式は一生に一度の大事な日。そんな晴れの日をプロデュースするお仕事と言えば、ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターです。

最近ではブライダルプロデューサーという名称もあるのだとか。
とはいえこのウエディングプランナーやブライダルコーディネーター、名称が違うとどう変わるんだろう・・・って不思議に思ったことはありませんか?

90ff658ea4dee09adc8f047657cd27fc_s

ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの仕事内容に大きな違いはない

どちらも人生の新たな門出をお祝いしサポートする、大変人気の高い仕事です。
そもそもウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違いはというと、仕事内容自体ではそれほど大きな違いがあるわけではありません。

現実的には式場やホテルなど場所によって名称が変化するようです。なので、式場や会社などの場所によって呼び方が異なる、と思っておけば良いでしょう。

では気になるウェディングプランナーやブライダルコーディネーターのお仕事についてですが、ざっと挙げてみると、まずご来場されたお客様(新郎新婦)との打ち合わせが非常に大事です。

式のプランへの申込み手続きに衣装合わせの予約、メイクやブライダルエステなど最近は盛んですから、そうしたもののカウンセリングも重要な仕事です。
そうした様々な式までの準備のプロデュース・サポートは言うまでも無く、もちろん式当日の総チェックや対応も含め、各々プランもあるでしょうが基本は式の準備から終わりまでを一手に引き受ける仕事となります。

激務で休みもとりにくく、給料は安いのが現実

ウェディングプランナーやブライダルコーディネーターは休日も返上でなかなか休みもとりにくく、特に結婚式の集中する春と秋は激務で、しかも給料は安い・・・なんていう話も聞きます。
これは仕事内容が非常に多いが給料がそれに見合っていないという状況に多いようです。

それでもウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの求人倍率は高く、それだけ華やかなイメージに引きつけられる人が多いのでしょうね。

資格は必ずしも必要ではない

ではそんな大変だけれどやりがいのあるこの仕事をするには、どんな準備が必要か?
よく言われるのはウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの資格があったほうが良い、というものですが、これは必ずしもそうではないようです。

ホテルや挙式場に就職すれば、社内のウエディング部門に配属されて、そこからウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの仕事ができる、というケースもあります。

また求人によって有資格者よりも接客経験が長い人を優先して採用する、ということも有り得ます。それでもブライダルの知識をもっておいて損はありません。
結婚式場などでの業務経験が全く無い方は、資格をあらかじめとっておくのも選択肢としては良いでしょう。

ウエディングプランナーやブライダルコーディネーターを育成するための専門学校や通信教育を受けて、そこから目指す人もいます。

人生の晴れの舞台を演出する、大事な縁の下の力持ち。
それがウエディングプランナー・ブライダルコーディネーターなのです。

二度とない幸せな舞台を間近で見られる素敵なお仕事、根気も要るし大変だけれども
目指すなら諦めず、ぜひ挑戦してみてくださいね。(^^)

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top