トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

意外と知られていない?大工の年収 その待遇と将来性

スポンサードリンク

皆さんは、大工の年収というものをご存知でしょうか?

大工は給料が安い、そして将来性がない、というイメージを持っている方も多いと思います。
しかし実際のことはあまり知られていない場合が多いと思います。

そこで、今回は意外と知られていない、大工の年収、そして待遇や将来性などをご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

095404

大工の給料はピンきり

まず、大工の給料ですが、こちらはピンきりとなっているようです。

たとえば高卒・未経験だったりすれば、月給15万円というところもあるようですし、しかし経験者であれば月給30〜40万円ということもあるようです。

平均年収は400万円弱となっている(380万円前後)ようですが、これは先ほどのように、未経験者からベテランまで含んでの平均となっていますのでやはりかなり差があるということができます。

つまり、経験者であれば、年収が600万円〜800万円とかいうことなども珍しくありません。
なので、中には1000万円超えという人もいるようです。

ですので、頑張りによっては一般的なサラリーマンの平均年収よりも、かなり上を行くことというのができるようです。

大工は隠れ高給取りの業種

もちろん、大工とはいっても、様々です。
宮大工などの特殊技能を持っていたり、そもそもが高給取りの職種である場合もありますし、さらには自営業で自ら仕事を取ったりして引く手あまただったりなどと、いろいろな条件があります。

しかし、それでも隠れ高給取りの業種であるといえるようです。

しかし、このように経験者やベテランになれば、高給取りというのも夢ではない大工となっていますが、そうなるまでが大変なようです。

特に未経験者だったり、なりたての場合なんかには、力仕事くらいしかやることがないため、給料などは非常に少ないことが多いようです。
ですので、パート並みの方なども珍しくないようです。

ハローワークや労働安全監督署などに相談するようなケースもありますし、このような外れくじというものが存在するために若手の求人応募というものが少なくなってしまっているようです。

しかし、最近は徐々に待遇が改善されています。

若手不足や大工離れというものが深刻となっていますので、このままだと次世代の大工の担い手がいなくなってしまうといわれているようです。

大工の世界は、未だにアナログとなっていて、3Kの要素などをもっている部分がありますが、この現状は変わりつつあるといわれています。

一部の会社では積極的に待遇の改善だったり、さらには福利厚生の充実を行っているようです。
まだまだ発展途上ですが、就労環境の改善が図られつつあります

仕事自体もアナログ一辺倒ではなくなってきており、たとえば大工自らがCAD(製図用のソフトウェア)を用いたりして図面を書いたりもしますし、さらにはワードやエクセルなどで日報だったり、作業手順書だったり工程表を書いたりするということも増えてきているようなのです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top