トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

間違いだらけのムダ毛処理@絶対にやってはいけない5つの禁止事項とは?

スポンサードリンク

ムダ毛処理、どうやって行っていますか?
今では脱毛サロンにも通いやすくなりましたが、
それでも、自宅でのムダ毛処理の方がお金もかからないですし手軽なので、
まめに処理しているという人も多いのではないかと思います。

146939

しかし、自宅で処理するからこそ、間違ったムダ毛処理をすれば、
トラブルに発展してしまいます。

そこで、ムダ毛処理の間違いを紹介していきたいと思います。

1・顔用で体を処理する

顔用の小さなカミソリを使って、体のムダ毛処理をすると、
一度に剃れる面積が少ないので、肌を何度も刺激することになり、
肌トラブルに発展する可能性が高くなります。

体の毛には、体用のシェーバーや、最低でもT字カミソリがオススメ。
1回のストロークでスッキリそれるパワーもあるので、肌負担を軽減できます。

2・毛の向きに逆らっている

毛の生えている流れとは逆に、シェーバーを動かしている方は多いかと思います。
スパッと深くそれる感じがしますよね。

ですが、毛の流れに逆らうと、角質をめくれ上がらせる危険性があります。
角質がめくれると肌のバリア機能も衰えてしまうので、
後から赤くなってしまったり、剃った後もチクチクとした刺激が残ります。

剃るときは、毛の流れと同じ方向にシェーバーを動かしていきましょう。

3・なにもつけないで剃る

あまりこんな人はいないかもしれませんが、
中には面倒くさくて素肌にシェーバーをあてて剃る人もいます。

ムダ毛を処理するときは、シェービングジェルや専用ソープ、
ボディソープを泡立てて肌に乗せてから剃りましょう。

肌負担をやわらげてくれるので、肌トラブルがおきにくくなります。

4・毛穴を引き締めたくて氷を当てる

剃った後に、肌のほてりや毛穴を引き締めたいからと言って、
氷や保冷材で肌を冷やすと、その温度差で肌が乾燥する場合があります。

特に、ムダ毛を処理した後は肌が敏感になっているので、
氷や保冷材はやめて、水で引き締める程度にとどめておきましょう。

5・後肌ケアをしない

顔のスキンケアと同様、ムダ毛処理後は肌にクリームやジェル、
乳液を塗ってあげることが必須。

敏感になっている肌を保護するだけでなく、
次に生えてくる毛を抑える効果も期待できるんです。

足や腕だけでなく、ワキなどにもしっかりと保湿成分を行き渡らせてあげましょう。

これら5つのことをしっかりと頭に入れておけば、
自宅でもムダ毛処理も怖くありません!

つるつるの肌でないと、いくら毛が無くても嫌ですよね。
間違ったやり方で、肌をボロボロにしないためにも、正しく処理していきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top