トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

意外と知られていない!自衛隊員の給料と階級

スポンサードリンク

いま、この不況の時代、安月給の男性が増えてきていて、高収入の男性と結婚したい!と考えている女性は多いようです。

しかし、一方で、こうした世の中では、公務員などの男性は人気が高く、その中でも自衛隊員なども人気となっています。

安定しているイメージがある自衛隊員ですが、意外と知られていないとされているのがその給料事情です。

具体的な給料というものはどうなっているんでしょうか。

自衛隊員になりたいと考えている男性や、自衛隊員の男性と結婚をしたいと考えている女性の方など、気になるところだと思いますので、是非こちらを参考にしてみて下さい。

031163

一般的な公務員と給与体系は別

自衛隊員は国家公務員となっていますが、一般的な公務員とは別に給与が定められているんです。

知られていない階級ですが、まずは下から、士、曹、尉、佐、将となっておりまして、尉以上が幹部となっています。

同じ階級の中でも1士、2士、士長といって、それぞれランクというものが分かれていますし、さらにその中でも号俸などが、俸給表で細かく給料というものが定められています。

ですので、給料を知りたい、という方はこちらの表をインターネットのサイトで見るとどの階級でどの程度貰えるのかということが、大体の目安で分かります。

こちらの、階級ですが、まずは高卒で自衛官候補生として入隊した場合などは、教育期間を終えてから最初に与えられる階級が2士となっています。

1任期が終わったならば、特別に問題がない限りは士長に昇進するとされています。
曹に昇格するにには、試験に合格することが必要となっています。

幹部になるにはかなりの倍率

部内の幹部候補生という試験に合格すると、幹部への道が開かれるとされていますがかなりの倍率となっています。

幹部になりたい場合は、たたき上げのような形で幹部を目指していく形をとるか、さらには普通の大学を卒業、または防衛大学や防衛医科大学などを卒業し、そして幹部候補生になるコースがあります。

幹部になれば、当然、給料も高くなるとされています。

自衛官の給料ですが、一般的な公務員と比べると比較的高く設定されているといわれています。

任務の性質上、これはどうしても危険を伴う職務であるということもありますし、さらには体力的な問題などから定年退職というものが早いということを考えられた上で設定されている金額となっているようです。

具体的な給料は次のようになっています。

・2士(採用時)=159,500円
・士(曹候補生)=159,500円
・一般幹部候補生=212,700円

これにさまざまな手当てがついてくるため、年収で言うと、およそ300万〜500万ほどというのが目安となっているようです。

賞与は年2回、昇給は年1回となっていますので、このようにどんどん上がっていくとなりますね。
階級が上がれば、その分給料も上昇していきます。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top