トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

人事のプロが教える!好印象を与える転職面接マナー

スポンサードリンク

不況の時代なので、転職活動に苦戦しているという方もたくさんいらっしゃると思います。
新卒で勤めた会社に一生勤め続けるという方は今は少ないため、転職を一回は経験しているという人は今は増加してきています。

こうした転職活動をするうえで、自分が入りたい会社に採用してもらうためには面接などでいかに自分をアピールするかということも大切ですが、面接においてのマナーというのも大変大切になってきます。

そこで、今回は好印象を与える転職面接マナーについてご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

53035e68967a2222d9b28097f9f9bb93_s

人は出会って2秒で印象が決まる

まずは、第一印象が肝心といわれています。
人間は出会って2秒ぐらいでその人の印象というものが決まるといわれており、この2秒で決まってしまった第一印象というのを覆すというのがなかなか難しいといわれています。

その人のことをよく知っていけば、この第一印象が違っていたんだな、と理解できる場合もありますが、短い面接時間の中で最初に与えてしまうこの第一印象というのは非常に肝心になります。

悪い印象を与えてしまった場合、短い面接の時間で取り返すのは非常に困難であるため、まず第一印象で良い好印象を与えることを心がけましょう。

まずは、元気よく、堂々と姿勢をよくして、前を向いて面接の場所へ入っていくようにしてくださいね。

面接では内容より話し方、表情が大事

そして、笑顔が大切となります。
面接では話す内容よりも、その人の話すそぶり、そして話し方、表情などを人は見ているといわれています。

ですので、内容よりも、笑顔で話すことができているか、堂々と話すことができているかということを心がけることが大切となります。

常にポジティブな話題を心がける

さらには、ネガティブな話題は避け、そしてポジティブな話題になるようにしましょう。
面接では、今まで苦手だった人とどのようにしてきたか、ということだったり、たとえば失敗したこと、自分の短所などネガティブな質問をされるということも非常に多いです。

しかし、こうしたネガティブな質問にもあえてポジティブで答え、そしてポジティブな話題で終始終わるように心がけましょう。

そして、どの企業でも求められる人材像というのは決まっています。
まずは、まじめに見える人ですね。これは公務員だったり、銀行などの職業で求められる人材ですし、活発に見える人なども求められています。

まじめで活発に見える人を求められる

ですので、服装などもこういった雰囲気を出せるように気を付けていきましょう。
さらには、個性の見える人というのも求められる場合もあります。
たとえばマスコミ関係やアパレル業界に求められる人材などの場合は、私服で面接に来ることを言われる場合もありますので、こういった場合はそれなりにおしゃれに決める必要もあります。

いかがでしたか?
第一印象が肝心ですし、さらには身だしなみだったり、会社が欲しがる人材像というものを研究してそれになりきるということも大切です。
転職活動は大変ですが、こうしたことに心がけるようにすれば採用への道は開けるはずです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top