トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

朝食は食べない方が健康になれる!?その理由とは?

スポンサードリンク

朝食はしっかり取らないとだめ!と教えられて来た方は多いと思います。
朝食というのはしっかり食べなければいけない…と思い込んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし、今やプチ断食というものが流行るようになってきて、実は朝食を取らない方が健康になるといった調査もあります。

そこで、今回は朝食は食べない方が健康になれるのか?ということをご紹介したいと思います。

121077

朝食というのは、やはりお腹が空いていたら食べた方が良いといわれていますが、おなかが空いていない場合、詰め込んでもあまり意味がないようです。

朝食抜きは老廃物の排出、脂肪の消化を促進

たとえば、朝食を食べないでいるとその間胃腸は休めることができます。
さらには前日にたまっていた老廃物だったり、前日までたまっていた脂肪などを消化し、そして排出するという作業に充てることができますので、朝ごはんを抜くことはこうした体の排出をするためにはかなりいい影響があるようです。

また、朝ごはんは、食べてしまうと、やはりその分カロリーとなってしまうことが多いといわれています。
人間は朝食べたものは多く脂肪として吸収してしまうといわれていますので、たとえば朝から重たい甘い食事をとってしまうと、それはその分からだに蓄積されていまい体重なども増加しやすくなるといわれています。

朝食を食べないとダイエットにも有効

ですので、朝ごはんを食べない方が消化にも排出するのにも良く、やはりlこうしたカロリーを減らしダイエットをするのには有効であるといわれているようです。

朝ごはんを食べた方が頭が回り、パワーが出るといわれているようですが、これも最近の研究では、そういったことは無関係であるといわれているようです。

たしかにかなり空腹であり、お腹が極限に空いている状態での仕事となると作業量が落ちるとはいわれていますが、それほどでもない場合は、食べても食べなくてもどちらでも変わらない、ということもあるようですね。

つまり、朝ごはんというのはやはり食べすぎるとカロリーになってしまいますし、さらにはデトックスのためには胃腸を休めた方が健康に近づくこともできるということなので、食べたくなければ無理に食べる必要もありませんし、それほど必須ではないということが分かっています。

少しだけおなかが空いている、そしてカロリーも抑えて健康になりたい、という場合は朝は果物だけというのが良いようです。

たとえば、こうした果物ならばからだが老廃物を排出しようとしている働きなどを阻害することもありませんし、さらには果物ならば胃腸などもそれほど負担にはなりません。

さらには空腹なども満たすことができる。
朝ごはんをどうしようか悩んでいる方は、果物に変えてみる、というだけでも健康に近づけるといわれているようです。

いかがでしたか?
朝ごはんは食べない方が健康になれるということなので、絶対に食べなくてはいけないと考えている方は見直してみてもいいかもしれませんね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top