トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

スキージャンプのK点越えの意味をわかりやすく解説します

スポンサードリンク

スキージャンプの高梨沙羅ちゃん。
最近美人になったと評判です。

たぶんアイメイクを念入りに濃くしたからだと思うけど・・・
まあ年頃だし、色気づいても不思議じゃないですよね。

しかも、ジャンプの方も相変わらず強い!

ということで、本日はスキージャンプのお話です。

ジャンプ競技の実況でよく発せられるのが、「K点越え」という言葉です。

K点越えって、どういう意味?
そんな疑問を抱いた人も多いのではないでしょうか?

そこで、K点越えについて調べてみました。

all

そもそもK点とは?

K点とは、ドイツ語の「Kritischer Punkt」の頭文字。
「これ以上飛ぶと危険だと極限点」という意味です。

某スポーツアナウンサーは「危険のKだと思っていた」という話もあります(笑

K点がよく知られるきっかけは1998年の長野冬季オリンピックでした。
日本はスキージャンプで2個の金メダルを獲得。
原田雅彦選手や船木和喜選手らは「日の丸飛行隊」と呼ばれ、K点越えの大ジャンプを連発しました。

2代目K点の登場

しかし、その後のジャンプ技術の向上や用具の改良で、ジャンプの距離はどんどん延びました。
その結果、一流選手にとってはK点は極限点が単なる通過点となりました。

そして、2代目のK点が生まれることになります。
同じドイツ語で、「Konstruktionspunkt」です。

頭文字は同じKですが、意味は「建築基準点」でまったく違います。
こちらはジャンプ競技場の構造基準値のことをいいます。
極限であるはずのKが基準に成り下がってしまったのです。

K点越えの距離は?

K点越えは距離にすると、どれくらいなのか?
これはスキー場によって異なります。

以下は世界各国の有名スキー場のK点です。

・大倉山(日本)120メートル
・リレハンメル(ノルウェー)123メートル
・トリノ(イタリア)125メートル
・ビショフスホーフェン(オーストリア)125メートル
・クーサモ(フィンランド)120メートル
・ビリンゲン(ドイツ)130メートル

K点からHSへ

極限点を意味するK点は2004年に別の用語に変わりました。
それが英語の「ヒルサイズ(HLL SIZE=HS)」です。

W杯などの国際試合を統括する国際スキー連盟(FIS)がルールを改定。
長く極限点を示していたK点に変わってHS(ヒルサイズ)を導入したのです。

現在は、このHS(ヒルサイズ)が安全に着地できる最大距離の目安となっています。

つまり、スキージャンプで本当にすごいのは「ヒルサイズ越え」なのです。

ちなみに、札幌にある有名なジャンプ場の大倉山は、「HS134メートル、K点120メートル」と定められています。

ノーマルヒルとラージヒルの違い

スキージャンプ競技で「ノーマルヒル」と「ラージヒル」という用語がよくでてきます。
この違いを解説したいと思います。

ノーマルヒルとラージヒルの違いはジャンプ台の高さや形状、長さです。
K点とHSの距離は以下のように規定されています。

・ノーマルヒル K点(75m~90m)HS(85m~109m)
・ラージヒル K点(105m~120m)HS(110m~184m)

実はスキージャンプの種目は、この2種類だけではなく他にもあります。

・スモールヒル K点(20m~40m)HS(20m~44m)
・ミディアムヒル K点(40m~75m)HS(50m~84m)

この2つは主に小中学生向けの種目です。

そして、もうひとつ。
最長距離を出せる種目がフライングヒルです。

・フライングヒル K点:145m~180m、HS:185m以上

フライングヒルがあるスキー場も限られています。
飛距離が出過ぎて危険なため、オリンピックでは競技として採用されていません。

まとめ

スキージャンプのK点越えについて解説しまたが、いかがだったでしょうか。

K点越えの上を行く「ヒルサイズ(HS)越え」ですが、一般にはまだまだなじみがないようです。
これは語呂が悪いからでしょうか。

かといって、「H越え」というのも変だし・・・

やっぱりK点越えが一番ピッタリ来ますけどね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top