トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ノンケミカルの日焼け止めとは?その効果と正しい選び方

スポンサードリンク

紫外線が強くなってくる季節。一年中紫外線は降り注いでいるのですが、
やはり春先〜夏はその強い影響に気を付けたいものです。

そこで大活躍してくれるのが、日焼け止め。

紫外線を防いでメラニンの生成を防ぎ、
将来のシミ・くすみの原因をなくしてくれる強い味方です。

080743

そんな日焼け止めにも種類があり、「紫外線吸収剤」を使ったタイプと
「紫外線散乱剤」を使ったもの
とがあります。

このうち、散乱剤を使っているものを、
“ノンケミカル”の日焼け止め
と呼んでいます。

・ノンケミカルのメリット

ノンケミカル=紫外線散乱剤のタイプというのは、
肌に優しいという特徴があります。

吸収剤を使っているものは、肌に一旦紫外線を吸収し、
熱エネルギーとして発散させる方法を取っているため、
それが強い刺激になり、肌が弱いタイプの人には向いていないという特徴があります。

それに対してノンケミカルの日焼け止めは、
紫外線を肌の上に到達する前に反射させてしまうので、
肌への影響がより少なく、敏感肌やトラブルを抱えた肌の人でも安心して使えるのです。

・ノンケミカルのデメリット

肌に優しいノンケミカル日焼け止めにも、デメリットはあります。

それが、紫外線を反射するための粒子によって、
肌が乾燥しやすいという点です。

また、粒子が荒いものになると、その上からメイクをするときに、
ファンデーションなどの乗りが悪くなってしまうということもあります。

そのため、化粧下地効果がある物はSPF値(紫外線を防ぐ時間)が小さいものが多く、
何度も塗り直さなければならないというマイナス面もあります。

・日焼け止めの選び方

ノンケミカルの日焼け止めは、肌に優しい反面、
SPF値が大きいものは化粧下地には向かない、
肌が乾燥してしまう
という面を持っているため、選び方には注意が必要です。

化粧下地としては別のアイテムを使うなら、
肌へのやさしさを重視して選ぶのもオススメですが、
化粧下地としても併用したいときには、こまめな塗り直しが必要であることを
覚えておかなければなりません。

そして、肌への乾燥が気になるときには、
保湿成分がたっぷりと配合されているものを選択しましょう。

また、塗るときにいつもよりもスキンケアをしっかりと行い、
潤いでいっぱいの肌にしてあげましょう。

例えば、コットンパックや乳液でのパックもオススメです。

肌に優しい反面、紫外線カットの効果と化粧下地としての効果が併用できないなど、
マイナス面も持ち合わせているノンケミカル日焼け止め。

しかし最近ではそういった効果についても、
使いやすさを重視したものも発売されているので、色々なアイテムを試して、
自分に合うものを見つけられると良いですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top