トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

認知症 介護保険で利用できるサービスは?

スポンサードリンク

高齢化社会となり、お年寄りが増えてきましたよね。
そうした社会の中、家族の介護だったりに悩まされていたり、将来的に介護をせざるを得なくなるといった方も増えてきていると思います。

介護というのは精神的にも肉体的にも大変負担のかかるものであり、介護をする側の生活、そして人生にもかかわってくる問題です。

ですので、両親の介護などを引き受ける場合、自分一人で抱え込んでしまっては多大なストレスになり、仕事や生活などが困難となってしまうことがありますよね。

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

そこで、こういったことにならないために、いまは介護保険というものがあります。
この介護保険を利用して、負担を少なくし色々なサービスを受けることができます。
そこで、たとえば、いま多い認知症、この認知症になってしまった場合、介護保険で利用できるサービスとはどういったものがあるのでしょうか。

認知症患者は40歳以上から介護保険を利用できる

元々、介護保険というものは、65歳以上の人が対象となっています。しかし、それまでの間、たとえば、もっと若い年齢で認知症と診断された人の場合は、40歳以上から利用できるとなっています。

認知症と診断されたのなら利用することができますが、まずは認知症であるという医師の診断書などが必要です。

そして、まずは介護保険の各種サービスなどを利用するには申請、そして認定というものが必要となってきます。

そして、この認定の区分によっても利用できるサービスの種類だったり、回数などが異なってきます。
ですので、認知症と一言で言っても、どこまでの認定になるのかということで受けることのできるサービスというものが変わってくるのです。

一般的には認知症対応型通所介護というサービスを受けることができます。
この認知症対応型通所介護というものはどういったものなのかといいますと、認知症の利用者を対象にしている、専門的なケアを提供するというサービスです。

代表的なのはデイサービスセンター、グループホーム

利用者が可能な限り、自宅などで自立した日常生活をこれから送ることができるようにするため、認知症の利用者などが通所介護施設であるデイサービスセンター、そしてグループホームなどに通うことができます。

そして、この施設では、食事や入浴だったりなどの日常生活上の支援だったり、さらには生活機能向上のため、機能訓練、さらには口腔機能向上サービスというものを日帰りで提供したりなどを行っています。

ですので家族の介護などの負担も軽減することができますし、さらには自宅にこもりきりの利用者なども、こうしたところに通うことによって、社会的孤立感の解消などができます。
さらには、心身機能の維持回復なども期待できるというわけなんですね。

さらに、こういった通所介護施設は利用者の自宅から施設までの送迎なども行っています。

いかがでしたか?認知症の場合は介護保険サービスを受けることができますので、介護が負担になっている方は、こうした福祉サービスを受けることをおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top