トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

新入社員が会社を辞めたいと思った時に踏みとどまる方法

スポンサードリンク

春は、新しい学校、仕事、生活と、新しいことが始まる、スタートする時期であり、気持ちも新たにすがすがしい気分になるでしょう。

勿論、新しいことを始めるということに対しては、不安や恐怖を感じる人もいますが、新しい生活や環境も、1か月や2か月と過ぎていくうちに、だいぶ慣れてきて、楽しい生活へと変わって行くでしょう。

しかし、中には、理想と現実の違いに気づかされて、悩み、苦しむ人もいます。

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

特に新入社員はとても初々しく、キャリアを持った先輩たちも、最初のうちはとても親切丁寧に接して、色々教えてくれるのですが、なかなか覚えられずにいると、苛立ちをあらわにする先輩たちもいて、社会の厳しさを知ることになります。

せっかく憧れを持って入った会社なのに、先輩や同僚たちから冷たい目で見られ、中には無視やいじめをしてくる人もいて、その辛さに、そして理想とは違う仕事内容に、絶望的になり、会社を辞めてしまう人も多いのです。

五月病というのは、こういった新入社員が鬱状態になってしまうことを意味しているのです。
せっかく入って来た新入社員が辞めてしまうというのは、会社側としてはダメージがありますし、周りは辞めることを止めるでしょう。

本当は、自身が今いる会社を辞めたいと思わずにとどまるのが理想なのですが、もしも、方法があれば、考えることでしょう。
新入社員が会社を辞めたいと思った時に踏みとどまる方法とは何なのでしょうか?

辞めたいと思う原因について考えてみる

先ず、辞めたいと思う原因について考えてみることですが、原因の多くは、やはり人間関係であると言われています。

仕事は自分が選んだ業界であり、とても楽しいのですが、人間関係に疑問を感じているという人も多いのです。

そこで働いている人、仲間は、実際に働いてみないとどんな人なのか分かりませんし、直属の上司との関係に悩んでいるという人もいます。

初めての経験で、分からないことが多いので、色々聞きたいこともあり、一つ一つ質問するのですが、「そんなことも分からないのか?自分で考えなさい」と言われます。

世代的なギャップもあるのですが、これはどんな業界の上下関係においても、よくあることのようですね。
仕事というのは、教えてくれる人はいますが、それは基本的なものです。

それ以外のことについては、自分の頭で考えて、応用していく力が、社会人としては大事な要素なのです。

その為、毎回質問して、嫌な顔をされた、というのは、仕事を覚える気が無い、やる気がないとみなされてしまいます。

失敗したこと、聞いたことはメモして、二度と質問しないこと、一度で覚えることが大事なのです。
メモし、自分で考え、行動していくことで、本当に分からない部分については、上司も先輩も、それに対して優しいアドバイスをしてくれることでしょう。

最初は大変ですが、少しずつ努力していけば、実になりますから、頑張って仕事を習得していきましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top