トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

狂犬病の予防接種・ワクチンの料金を安く上げる方法

スポンサードリンク

ペットを飼っているという方は、多いと思いますが、その中でも犬を飼っているという方は多いと思います。

犬を飼っている方は、狂犬病の予防接種というものを受けるということが義務付けられていますよね。

しかし、初めて犬を飼うという方などはこういった予防接種について、詳しく知らないという方がたくさんいると思います。

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s

予防接種というものは、市によって行われていたり、さらに動物病院なんかでも行われていますが、色々と料金などが変わってくるようです。

しかし、こういった予防接種、毎回受けなくてはいけませんから、できれば料金を安く抑えたいところですよね。

そこで、今回は、こういった狂犬病の予防接種を受ける場合、料金を安く上げる方法というものをご紹介したいと思います。
ペット好きの方や、犬を飼っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

まず、狂犬病というのはとても恐ろしい病気だといわれています。

日本では見かけませんが、海外の各地ではこの狂犬病ウイルスにより死に至っている患者さんは多数いて、東南アジアなんかでは野良犬が多いですが、こういった狂犬病の予防注射などをすべての人がワクチンを打っているわけではないので、やはりこういった狂犬病ウイルスが蔓延しているようなんです。

日本で見かけないのは、狂犬病の予防接種の制度が整っており、こういった予防接種が義務付けられているからこそなんですね。

そこで、犬を飼い始めたなら、この狂犬病の予防接種、ワクチンを打たなくてはいけませんし、義務付けられています。

気になる料金の方ですが、狂犬病の予防接種・ワクチンなどの料金というのは、各自治体によって、多少異なってくるようですね。

狂犬病ワクチンの相場はおよそ3,000円

だいたいの料金なんですが、まず、狂犬病ワクチンの注射済票交付などの登録料と合わせての料金となりますが、3000円ぐらい、3000円と少しくらい、といったところが多いようです。

しかし、こういった予防注射は動物病院でも接種することができます。
たとえば、動物病院などで予防接種をした場合、こういった場合などは動物病院側が自由に料金を設定したりすることができます。

病院の場合の料金は、自治体と同じ料金にしているところもありますが、それよりも安く設定している病院もありますし、さらに高く設定しているところもあるようです。

さらには、予防接種のみではなく、そのペットの簡単な健康診断なども込みでこういった予防接種をしているという動物病院までさまざまとなっているようです。
高いところはとても高く1万円以上かかるところもあるようなんですね。

このように、料金によっては非常に幅があるようです。

ですので、もし少しでも料金を安くしようと思うのなら、まずは動物病院に電話して聞いて回ることをおすすめします。
さらには、自治体などの集団接種のほうが安く済む場合もありますし、自治体で受けることをお勧めしたいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top