トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

Iラインの処理はどこまでする?脱毛の際に注意すべきこと

スポンサードリンク

薄着になる季節や、水着の季節がやってくる前に、
脱毛処理をするという方は多いのではないでしょうか。

脱毛のしかたはそれぞれで、気になる部分だけを脱毛したり、
全身脱毛で一気にツルツルにするという方もいます。

しかし脱毛をする部位によっては、注意した方がよい場所もあるんです。
それが、デリケートゾーンの「Iライン」の脱毛です。

Iライン脱毛とは?

Iラインは股関節よりも内側の縦のラインで、粘膜近くまで脱毛することができます。

Iラインを脱毛することで、ビキニラインからのムダ毛のはみ出しを防ぐので、
水着でのレジャーを思い切り楽しめますし、下着でのムレや
嫌なニオイを軽減する効果も期待できます。

最近では、ハイジニーナ脱毛と言って、粘膜のギリギリまで
綺麗に処理できる脱毛方法もあり、自分自身では処理しにくい場所だからこそ、
多くの女性がIライン脱毛を選んでいます。

Iライン脱毛は、非常にデリケートな部分であるため、
あまり自己処理はおすすめできません。

しかし、もし自分で処理をするという時は、
どの程度まで処理をすればいいのでしょうか?

Iライン脱毛を自分でするときの注意点

脱毛サロンでは粘膜ギリギリのハイジニーナ脱毛もしてくれますが、
自分で処理する場合には、粘膜のラインには手を加えないようにしましょう。

粘膜に強い刺激を与えたり、傷をつけるようなことになると、
雑菌が繁殖して嫌なニオイの原因となるだけでなく、それによって
炎症が起きたりなどトラブルが連鎖してしまう可能性があります。

自己処理する場合は、下着から見えない長さに整えるなど、
負担の少ない処理にしましょう。

また、除毛クリームでの処理は、粘膜にクリームがつかないように気を付けましょう。
ワックスでの脱毛も同様です。

Iライン脱毛をサロンでするときの注意点

一方で、サロンで脱毛処理を行う時には、しっかりと
カウンセリング時にIラインのどの範囲までを脱毛してもらうかを、
相互で理解しておくようにしましょう。

サロンでの脱毛の場合は、専門スタッフが行ってくれるので、
自分で処理するよりも安心感が大きいですが、レーザーや光脱毛をするときは、
チクっとした痛みを感じることもあります。

痛みの感じ方には個人差がありますが、そういった不安があるときにも
しっかりとサロンスタッフに伝えておくようにしましょう。

デリケートな場所だからこそ気を付けた方が良いIラインの脱も処理。
自分で処理をするときにはより注意して行い、
脱毛した後で肌トラブルなどが起こらないように気を付けたいですね。

しかし、不安の方が大きくなってしまう時には、無理に自分で行わずに、
脱毛サロンで素早く処理してもらう方がオススメです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top