トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

コーヒーショップに行くと、最近はいろんなカフェメニューがありますね。

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ・・・

どれもよく似ていて違いがわからないという人も多いのではないでしょうか?
しかし、今さら人には聞きづらい!

そんな人のために違いをわかりやすく解説したいと思います。

cafeore

「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」の違い

カフェオレもカフェラテもカプチーノも牛乳の入ったコーヒーです。

違いは作り方で、抽出の仕方や加える牛乳の量で異なります。

抽出法は2種類。
エスプレッソ抽出とドリップ抽出です。

ドリップはドリップコーヒーは透過式といわれる抽出方法で、コーヒーの粉をセットして上からお湯を投入する方式です。

その際にペーパーフィルターを使えば、「ペーパードリップ」、ネル(布)を使えば「ネルドリップ」と呼びます。

カフェオレはドリップ抽出して牛乳を加えたものです。

一方、エスプレッソは加圧式と呼ばれる抽出法で、主に機械を使います。

カフェラテ、カプチーノはエスプレッソ抽出して牛乳を加えたものです。

では、それぞれのコーヒーについて詳しく見ていきましょう。

カフェオレ

カフェオレのオレはフランス語で牛乳の意味。
火にかけて温めた牛乳を入れます。

コーヒーと牛乳の割合は5:5で、ほぼ半分ずつです。
コーヒーをドリップで抽出する際は濃いめにいれます。

カフェラテ

カフェラテのラテはイタリア語で牛乳の意味。
エスプレッソ抽出したコーヒーに蒸気で温めた牛乳(スチームミルク)を入れます。

コーヒーと牛乳の割合は2:8で、ミルクの量が多いのが特徴です。

カプチーノ

カプチーノは、カフェラテと同様エスプレッソに蒸気で温めた牛乳を加えますが、ミルクを泡立てたものを入れます。
店にもよりますが、コーヒーと牛乳の割合は5:5の所が多いようです。

カプチーノは牛乳の量が少なく泡部分が多いため、カフェラテに比べると苦めの味になります。

その他のカフェメニュー

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの他にも似たメニューがあります。

カフェモカ

エスプレッソに、温めた牛乳を加え、チョコレートシロップを加えたものです。

カフェマキアート

蒸気で温めて泡立てた牛乳を少量エスプレッソに加えたものです。

ちなみに、マキアートとは、イタリア語で「染みのついた」という意味です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」は、よく似ているようで、ちゃんとした違いがあることがわかって頂けたと思います。

違いを知れば、コーヒーショップでメニューを選ぶのが楽しくなるはずです。
ぜひ、飲み比べてみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top