トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

髪をサラサラにする方法!簡単で効果的な裏技5選

スポンサードリンク

サラサラと風になびく髪…。
それは女性にとっての憧れなのではないでしょうか。

でも、ただ毎日シャンプーをしているだけでは、
憧れのサラサラ髪には近づけません。

fc9eac9148edd8730269d28f52b24a7e_s

かといって、手間がかかることやあまり高価なヘアケア用品は、
続けていくのが難しい。

そこで、とっても簡単に髪をサラサラにできる方法を、ご紹介したいと思います。
ちょっとした習慣や裏技で、憧れヘアーになれますよ。

その1、シャンプー前にブラッシングする

入浴する前に、髪をブラッシングしておきましょう。
こうすることで、皮脂汚れや頭皮の老廃物が浮いて、洗い流しやすくなります。

また、シャンプーでは水溶性の汚れが落ちやすく、
汗などの油分を含んだ汚れが落ちにくいこともあるため、その手助けとなるんです。

この時使うブラシも、プラスチックやナイロン製ではなく、
木製ものもや動物の毛でできたものがベス
トです。
毛先が柔らかいので、静電気の発生も防いで髪へのダメージを無くしてくれます。

その2、シャンプー選びにもこだわってみる

今使っているシャンプーが自分に合っているのかを確認しましょう。
頭皮に痒みがあったり、髪がパサついたりするのは合っていないせいかもしれません。

頭皮が脂っぽかったり、スッキリしないときは
「ノンシリコンシャンプー」や「クレンジングシャンプー」
で、
さっぱりとさせましょう。

パサつきや、髪の広がり・ダメージが気になるときは、
保湿成分がたっぷり入ったものを選びましょう。


その3、夜きちんと洗うこと

朝シャワー派の人もいるかもしれませんが、
1日の汚れを溜めたまま寝てしまうのは、髪にも頭皮にもよくありません。
シャンプーは夜にしっかりと行いましょう。

その4、効果的な洗い方を身につける

シャンプーする時、ただゴシゴシすればいいのではありません。
まずは、ぬるま湯で髪と頭皮をしっかりと濡らしましょう。
毛穴の汚れを落としやすくします。

次に、頭皮を洗うつもりでシャンプーを使います。
髪の毛ではなく、あくまで頭皮を洗うのです。

洗い流すときも、熱すぎるお湯は避けましょう。
頭皮のかゆみなどのトラブルに繋がります。
体温くらいのぬるま湯がベターです。

そして、トリートメントは毛先中心につけ、頭皮についてしまわないようにします。
べたつき防止にもなりますし、毛先をつややかに整える効果があります。

その5、ドライヤー使いは短時間で

ドライヤーで乾かすとき、髪に近づけすぎると、
髪のたんぱく質が変性して傷んでしまいます。
そうならないためにも、ドライヤーは15センチ以上離して使うこと
熱よりも風量で乾かせるタイプのドライヤーを使うことがポイントです。



これらの5つのポイントがサラサラ髪に近づける習慣です。
ちょっとした手間と意識の違いで、美髪ゲットはすぐそこ。
是非、良い習慣を続けていってください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top