トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

テニスの得点の不思議 0はなぜラブなのか?

スポンサードリンク

テニスの得点の数え方は独特で、15にはじまり、30、40と加算されていきますね。
面白いのが、無得点のことを「ラブ」ということです。

一体なぜ0をラブというのか?
0は愛なの? なんて疑問が浮かんできますね。

そこで、テニスではなぜ0をラブと言うのか?
早速調べてみました。

9bad19ecf7b5ccf6d6fef630aea73729_s

テニスの得点の不思議

テニスの得点の数え方に違和感を覚えたことありませんか?
得点というと、普通は1点、2点と数えそうですが、
テニスの場合は0→15→30→40となっています。

なぜこのような数え方になったのでしょうか。

テニスの得点は「時計の文字盤」から来ている

実は。テニスの得点は時計の文字盤から来ているという説があります。
確かに、0→15→30は15点刻みです。
時計の長針を12の位置からスタートし、得点が入るたびに数字の3の位置、つまり15分、
次は6の位置、30分というように15分刻みに直角に進めれば、わかりやすいですね。

こうして針が4回進んで一周すれば、1ゲーム奪取したと考えればいい訳です。

でも、不思議なことがひとつあります。
もし時計説が正しいなら、40ではなく、45のはず。

テニスの得点を45にすると、長すぎて伝えづらい

3点目は45はではなく、「40(=forty)」とコールされます。
なぜ45のforty-fiveではなく、40 fortyなのか?

これは、主審のコールと関係があります。
対戦選手にコールをはっきりと聞こえるように伝える場合、
フォーティファイブ(forty-five)では長すぎて伝えづらいからだと言われています。

あまり長い単語だと一気に言えないため、
45の5(five)を略して、40(forty)とだけ言うようになったのではないかということです。

なぜ0をラブというのか?

テニスで0をラブというのには諸説あります。
最も有力なのがフランス起源説で、0が卵の形に似ているため
フランス語では、卵は「ロエフ」と言いますが、これが「ラフ」と呼ばれるようになり、最後は英語の「ラブ」に転じたのだという説です。

ちなみに、0=ラブ説にはこんなのもあります。
英語のloveという単語には、もともと「nothing=無」という意味があり、そこからきているとされる説です。

他にも、オランダ語説というのもあります。
オランダ語で名誉をかけた勝負のことを「LOT」といいますが、これが転じたとする説です。
また、ラテン語で最初からを意味する「ab ovo」 が転じたとする説なども知られています。

まとめ

ということで、0=ラブ説ですが、これが正しいという定説はないようです。
それにしても、英語のloveには、「nothing=無」という意味があるというのは意外でした。
「愛」というのは、もともと無いものなのか?
何か意味深で面白いですよね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top