トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

サッカーとフットボールの違いは?歴史と呼び方の関係もわかりやすく解説します

スポンサードリンク

ロシアで2018年6月に開かれるサッカーのワールドカップ。
サッカーは世界で最も人気があるスポーツです。

ところで、このサッカーですが、こんな疑問はありませんか?

それはサッカーとフットボールの違いは何?
というものです。

日本ではサッカーと呼びますが、イギリスなどはフットボールと呼びます。
なぜ2つの呼び方があるのか?

そこで、歴史を振り返りながら、サッカーとフットボールの違いをわかりやすく解説したいと思います。

soccer

サッカーという名前の由来

サッカーはもともとは「アソシエーション・フットボール(association football)」と呼ばれていました。
アソシエーションは協会で、協会式フットボールという意味になります。

協会式フットボールがサッカーと呼ばれるようになったのは、「association」の「soc」をとって、「c」を重ねて、人を意味する「er」をつけたことから俗語で「soccer(サッカー)」となりました。

フットボールの歴史

フットボールというと、日本人はアメリカンフットボールをイメージしますよね?

実は、サッカーとアメリカンフットボールはどちらも19世紀初頭のイギリスの学校で人気のあったスポーツから派生したものです。

いずれも敵陣に攻め込み、ボールを最終ラインに入れることですが、ルールは地域によってまちまちでした。

最終的にはイギリスで標準ルールとして定着したものが「アソシエーション・フットボール」、つまりサッカーなのです。

一方、大西洋を渡ってアメリカで広まり、独自のルールを築いていったのが、アメリカンフットボールです。

ちなみに、ラグビーもイギリスで発祥したフットボールの一種で、もともとはラグビーフットボールと呼ばれていました。

ルールがまちまちだったフットボールの中には「手を使っていい」ものがあり、これが現在のラグビーとなりました。
一方、アメリカに渡ったラグビーは、現在のアメリカンフットボールになったのです。

アメリカがサッカーと呼ぶのは、アメフトと区別する必要があったからだと言われています。

サッカーとフットボール、国による呼び方は?

サッカーとフットボールの呼び方を国でみてみると、以下のようになります。

サッカーと呼ぶ国

アメリカ
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
日本
韓国
南アフリカ

フットボールと呼ぶ国

イギリス
フランス
ドイツ
スペイン
ポルトガル
ブラジル
アルゼンチン

こうしてみると、強豪国ほどフットボールと呼んでいることがわかりますね。
数的にみても、フットボールと呼ぶ国は少数派です。

日本がサッカーと呼ぶ理由

日本はなぜフットボールではなく、サッカーと呼ぶのか?
それは、アメリカの影響を受けているからという説が有力です。

戦後日本にやってきたアメリカ人体育教師が日本人にサッカーを教えたというのも、サッカーと呼ばれる理由になったとも言われています。

ちなみに、面白いのは協会の表記。
日本語表記では「日本サッカー協会」とサッカーという言葉を使用していますが、英語表記では、「Japan Football Association」とフットボールを使っています。

世界的基準ではフットボールということなんでしょうね。

まとめ

ということで、サッカーとフットボールの違いを解説しましたが、現代においては、呼び方が異なるだけ。
国際ルールも統一されていて、競技的には全く同じものです。

とはいえ、サッカー強豪国はフットボールと呼ぶ傾向があるということを知ると、フットボールの方が何か進んでいるような気もしますね。

現在は予選リーグを突破するのがやっとの実力の日本。
女子は優勝経験がありますが、男子が世界の頂点に立つにはまだまだ時間がかかりそうですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top