トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

楽して稼げるアルバイトを徹底調査!2017年度版おすすめホワイトバイトランキング

スポンサードリンク

アルバイトを探しているけど、できるだけ楽で稼げる仕事がいい?
そう考える人は多いのではないでしょうか?

ネットには無数のバイト情報が出回っていて、2チャンネルなどでも「楽なバイト」について語り合う掲示板がたくさんあります。

そこで、今回は「楽なバイト」について、徹底的に調べてみました。
すると、見えてきたのは、世の中には「こんなに楽でおいしいバイトがあるのか?」という実態でした。

数あるホワイトバイトの中から独自にランキングをつけてみましたので、ぜひご覧下さい。

baito

1位 セルフのガソリンスタンド

最近はセルフのガソリンスタンドが増えていますが、これらのスタンドは基本的に客が給油するため、仕事はほぼありません。
とはいえ、まったくの無人にする訳にはいかないため、セルフのガソリンスタントでは、何か起きたときのためにバイトを雇っています。

しかし、彼らは基本的に見張り役みたいなもので、事務所内で座っているだけです。
1人なので誰にも指図されることもなく、本を読んだり、スマホをいじっていても大丈夫。
まれに自分で対処できないことが起きたとしても、責任者に連絡すれば済みます。

特に、深夜勤務は時給1200円くらいもらえるので、おすすめです。

2位 マイナーな漫画喫茶

漫画喫茶は一部の人の間では神バイトと呼ばれるほど。
その楽さは数あるバイトの中でも群を抜いています。

仕事は受付、漫画の陳列や整理、掃除くらい。
大半の店にはマニュアルがあり、仕事はすぐに覚えられます。

客と接することもほとんどなく、ボーッとしているだけで時間が過ぎます。
また、店によっては漫画を読めるため、マンガ好きには最高です。

たまに深夜の酔っ払い客がトラブルを起こすことがありますが、めったにありません。
しかも、トラブルは基本的には店長クラスが対処してくれるので心配はありません。

特に、チェーン店ではない、郊外の店は狙い目。
マナーやルールも徹底していないため、ユル〜い感じで働けます。

ちなみに、深夜であれば時給1000円以上もらえます。

3位 病院内のコンビニ

コンビニでのバイトは人気ですが、思ったより大変だという声があります。
しかし、同じコンビニでも病院内の店舗はおすすめです。

なかでも24時間営業の病院内コンビニでの深夜バイトは狙い目!
病院自体は終了していて、外からの来客はほぼゼロ。

客は医師や看護師、入院中の患者くらいで、深夜はほとんど来客がありません。

しかも、病院内のコンビニは一般のコンビニ比べて店が狭いため、商品の陳列などが楽です。

こちらも時給は1000円以上。
ほとんど何もしないで稼げる日もあって隠れた人気となっています。

4位 試験監督

この仕事も楽さ加減では上位に入るホワイトバイトです。

仕事の内容は入試や資格試験、模試などの監督業務です。

実際にやることは、試験時の注意事項の説明(といっても注意事項を書いた紙が配られるので、それを棒読みするだけでOK)、問題用紙の配布と回収、カンニングの監視だけです。

仕事は毎回違う試験会場に派遣されるため、職場でのうっとうしい人間関係に悩まされることもありません。
また監視する側なので、上から目線で働くことができ、精神的に疲れることも少ないのも長所です。

ただし、募集が少なく、継続的に仕事がないという欠点があります。
時給は幅があり、900〜1500円くらい。

5位 映画館の劇場スタッフ

映画館でのバイトはあまり注目されることがありませんが、実はおいしいバイトです。
仕事はチケットのもぎりと客の誘導・案内くらい。

最近はネットでチケットを購入する人も多いので、窓口販売業務も減る傾向にあります。

館内でのポップコーンや飲み物の販売は忙しめですが、単純作業なので、それほど苦労することはありません。

あまり知られていませんが、映画館の仕事の中には、裏方スタッフというおいしい仕事もあります。
これは劇場のフィルム交換や上映作品の字幕をオンにしたりオフにしたりする仕事です。

客と直接関わることもなく、何よりもいいのは、映画をタダで観れること。
募集は少ないですが、意外と知名度が低いので、粘り強く探せば見つかるはずです。

6位 交通量の調査

これは言わずと知れた、人や車の通行量を調べる仕事です。
一見、面倒臭そうに思えますが、やった人の話を聞くと、かなり楽だとのことです。

慣れれば、無意識でカウントできるし、人と接することもないので、コミュ障な人でも大丈夫。
単純作業ですが、精神的に楽なのがいいという声も多いようです。

それでいて、1日やれば1万円以上はもらえます。

7位 覆面調査員

お客のふりをして実際のお店に行って接客などについて調査する仕事です。

レストラン、居酒屋、スーパー、エステサロンなど仕事は豊富で、好きなものを選べます。
報酬は1件いくらという形で支払われ、数百円程度のものか数千円もらえるものまで様々。

一般のバイトのように時間に縛られず、自分の都合に合わせてできるのでおすすめです。
商品の体験モニターのように自宅に送られてきたものを試用するというものもあり、これなら家から出かけることなく、収入を得ることができます。



8位 ティッシュ配り

このバイトは説明するまでもないでしょう。
難しいことは何もありません。街角で通行人にティッシュを配るだけ。

なかなか受け取ってもらえないと、精神的にへこむこともありますが、逆に早く配り終われば、その時点で仕事が終わります。

時給換算すると、1000円以上になることが多く、金額的にもおすすめです。

また、意外と知られていないのですが、ティッシュ配りの中にはインセンティブ付きのものもあります。
たとえば、配ったティッシュの求人広告などを見て応募してきた人がいると、報奨金がもらえるというものです。

実際、女性の夜の仕事などだと、1件数千円から1万円くらいの臨時収入があるというケースも少なくないようです。

9位 宿直

深夜に泊まり込みで働く仕事です。

仕事は見回りや突発的な電話対応や簡単な事務作業などです。

とにかく楽で、自由な時間も多く、仕事中に読書やスマホをしたりできます。
なかには、授業の課題をやるという大学生もいるようです。

暇すぎてつまらないという人には向きませんが、基本的に長時間勤務なので、高額のバイト収入を得ることができます。

10位 エキストラ

これは映画やドラマ、CMなどに参加して報酬を得るという仕事です。
通行人や観客などの役が多く、とにかく楽なのが特長です。

仕事は原則的に時給制ではなく、1件いくらで支払われます。
現場によっては、1〜2時間で終わることもあり、とてもおいしいバイトになります。

募集が見つけにくいという難点はありますが、登録制バイトのサイトなどの会員になっておくと、募集があれば、すぐに知ることが可能です。

ということで、楽なホワイトバイトのベスト10をご紹介しました。
では、最後にこうしたバイトの見つけ方をご紹介したいと思います。

楽して稼げるホワイトバイトの見つけ方

ホワイトバイトを見つけるには、アルバイトサイトに登録するのが一番近見です。

有名なのは、以下のサイトです。



バイトルは職種や地域で簡単にバイトを探せるので、検索機能を使って今回紹介した職種のバイトを探すといいでしょう。

ジョブセンスというサイトもおすすめです。

ジョブセンス

こちらはバイトの求人件数も多く、サイトの使い勝手も良いです。
短期バイト、週1バイト、日払い、週払いなどの条件から希望の仕事が探せます。

また、採用決定で最大2万円の祝い金がもらえるというサービスもあり、今急速に注目を集めている求人サイトです。

求人サイトを使わない場合は、直接働きたい店に行って交渉するという手もあります。
店内にバイト募集の張り紙をしている店も少なくないので、そちらもチェックしましょう。

ダメ元で当たってみるというのも、ホワイトバイトを探すひとつの方法である事を覚えておいて下さい。

まとめ

いかがでしたか?
バイトというのは、探し方ひとつでおいしい求人を見つけることができるものです。

ここでもう一度ランキングをベスト5までおさらいしておくと・・・

1位 セルフのガソリンスタンド
2位 マイナーな漫画喫茶
3位 病院内のコンビニ
4位 試験監督
5位 映画館の劇場スタッフ

こうしてみると、深夜のバイトが多いですが、忙しい思いをしたくない人にはおすすめです。
ぜひあなたも今回の記事を参考にして、楽して稼げるホワイトバイトを探してみて下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top