トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

中学受験 親が子どものやる気を出させる方法

スポンサードリンク

もう受験のシーズンですよね。中学受験の始まるシーズンは本人もとても大変ですが、それよりも親御さんの頑張りもとても必要な時だと思います。

やはり、やる気をなくしたときや、自信を無くしかけているとき、さらに緊張しているときなんかは声をかけてあげなければいけませんし、わが子が本番で十分に最大限の力を発揮できるように、バックアップしてあげないといけないですよね。

948c1ac3e7e4b0a55b4b00814b387e4e_s

そこで、今回は、この中学受験において、親が子供のやる気を出させる方法というものをご紹介したいと思います。

勉強に嫌気がさして、やる気がなくなってきたり、モチベーションがなくなってきてしまうというお子さんも少なからずいらっしゃると思います。そんなつらいときにどのように声をかけ、どのようにやる気を出してあげればいいのでしょうか。

褒めてあげる、失敗しても責めない

まずは、褒めてあげること、努力の課程を誉め、失敗しても責めないことがあげられます。
ミスが多くて、成績が伸びなかったという場合でも「でもあれだけ頑張ったのだから偉い」だとか、ミスがあったけど、ここはできていたし、努力している姿はすごいということを言って聞かせてあげることが重要となります。

失敗は成功のもとというのを十分に伝えてあげることが大切です。
失敗したときにせめていたり叱ったりするとあっという間に子供はやる気をなくしてしまいがちです。そうならないようにしてくださいね。

人と比べないことが重要

さらに、人と比べないということが重要です。
あの子はこうだった、ということやあの子の方ができている、といういい方は子供を傷つけます。
成長は人によって違いますし、勉強の伸びしろなども人によって違います。ですので、子供にとって比べるということは禁物です。人は人、自分は自分という考え方を大切にしましょう。

さらに、達成感を味合わせてあげるということです。
何かまずは達成できそうな目標から掲げて、その目標に向かって努力するようにして、それをやり遂げられたら褒めてあげましょう。
最初から届きそうにない目標を掲げてそれに向かっていくのではなく、最初は達成できそうな目標に向かって頑張るということが大切です。

ありのままのわが子を信頼してあげる

しかし、一番大切なのは、ありのままのその子の姿を愛してあげるということです。
受験だから、といって、目標を掲げすぎて、ありのままのその子をみずに、遥か彼方の目標を夢見てしまうお母さんは多いもの。失敗しても、ミスをしても、あなたはあなた自身でいいんだよ、ということを伝えてあげましょう。
ありのままのわが子を信頼してあげることが一番の自信とつながるようです。

いかがでしたか?色々とありますが、しかしやはり、自分だったら子供の時、親にどのように言われたら、うれしかっただろうか、ということを考えるのが一番だと思います。

自分が中学受験の頃のことを思い出して、そのころ親に言ってもらった嬉しかった言葉などを思い返して、我が子にもかけてあげるのが良い方法でしょうね。

これだけのやる気にさせるための方法がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top