トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ビットコインとは?その仕組みと問題点をわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

『ビットコイン』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

最近になって、よくニュースでも取り上げられるようになった言葉なのですが、
意味を知らない人の方がまだまだ多いような気がします。

名前に“コイン”とつくくらいなので、お金に関係している感じがしますが、
実際のところはどういったものなのでしょうか?

また、ビットコインには大きな問題点があるとも指摘されています。
それは一体どんなものなのか、それも含めてビットコインについて
詳細にまとめていきたいと思います。

bitcoin

ビットコインとは?

ビットコインというのは、ずばり「仮想の通貨」です。

仮想通貨というのは、例えばゲームの中でしか使えないお金だとか、
特定のサイトでだけ使えるお金のことを指します。

例えばゲームの中だと、敵を倒したりすると“○○G(ゴールド)”とお金が手に入り、
それを使ってアイテムを買ったりしますよね。

また最近では、リアルマネーでゲーム上のお金を買って、アイテムを買うこともあります。

でも、これらゲーム上でのお金のやりとりは、現実世界には何の関係もありません。

それと同じように、手元には見ないけれど、仮想空間に存在しているお金が
ビットコインなのです。

ビットコインは現実世界の“円”を両替して
“BTC(ビーティーシー)”にしてから使用します。

そうして両替したビットコインは、ネット上の「ウォレット=お財布」に
存在しているとイメージしてください。

そして、そのウォレットから誰かに送金したり、
対応しているネットショッピングなどで支払に利用するんです。

では、ビットコインで物を買う時や送金は、具体的にどのようにするのでしょうか?

そのためにはまず、両替するサイトで円からBTCに両替したビットコインを、
ネット上で管理するウォレット(財布)に入れておきます。

ウォレットは個人に用意されたメールアドレスのような形式のもので、
所謂ID番号に似た感覚で使用します。

このウォレットにも数種類あり、パソコンで使う物、
スマートフォンでも管理できるもの、保管に適したもの、取引に適したもの…など、
選ぶのに悩ましいところですが、今はそういった保管場所を持たなければ、
ビットコインは使えないのだということだけを覚えておいてください。

ウォレットによって方法は変わってきますが、だいだいの場合は
取引したい金額を入力して、送金したい相手のビットコインのアドレスにメールの様に送るだけ。

銀行での取引よりもグッと簡単なことが解りますよね。

また、大金の取引であっても、手元に現金が無くても送金できるので安全だとも言えます。

このようにビットコインは、その場には目に見えないお金だけれど、
いつも使っているお金と同じように保管や取引を行うことができる仮想通貨、ということなのです。

ビットコインのメリット

ビットコインを使うメリットとして一番に挙げられるのが、
取引の時に手数料がほとんどかからないという点です。

銀行での送金の場合は、銀行が違ったり、送金する時間帯によっては
かなり高い手数料を上乗せられることがありますよね。
これは、銀行を仲介者としてお金を取り扱っているので、そのためのお金が必要だからです。

しかし、ビットコインの場合はこの仲介者が必要ありません。
人と人とが直接ビットコインでお金をやり取りするので、
手数料の上乗せもないというわけなんです。

これによって、少額の買い物がしやすくなったり、そういったビジネスを展開している
業者の業績がアップするなど、さらにメリットが望めます。

また、ビットコインは世界中で共通した通貨であるため、
海外での通販を利用しやすくなったり(ビットコインに対応しているのが前提で)、
お金自体の流通がもっとしやすくなるのではないかとされています。

ビットコインの問題点

これまでは、ビットコインの便利な点を挙げてきましたが、
まだまだ発展途上のシステムでもあります。
ということは、問題点もいくつかあるということ。

これからビットコインを始めたい人には要注目の、
気を付けておきたいポイントをまとめていきたいと思います。

・知らない間に事件に巻き込まれる?!

ビットコインは形のない通貨であり、また世界中で共通の単位を使っているので、
薬物の取引などに使われることがしばしばあるようです。

ビットコインはウォレットに管理しておきますが、もしも何らかの形で
自分のウォレットが盗まれたとしたら、薬物の取引に使われる可能性もゼロとは言い切れません。

この、知らない間に…というところがビットコインの怖いところで、
取引の履歴を確認するまで使われたことに気づけないというところが問題です。

・利用者保護が整っていない

上記に挙げたように、もし不正な利用をされたとしても、
利用者を保護してくれるシステムが整っているとは言えません。

例えばクレジットカードでは、不正利用されればその分のお金を保証してくれますが、
ビットコインの場合は保証がなく返金されるかどうかも不明です。
こういった点を改善する動きも、今後出てくるかのしれませんね。

・ビットコインが分裂する?!

ビットコインは今、利用者がどんどん増えてきている通貨なので、
それを保管しておくデータベースが許容量を越えそうなのだそう。

なので、一人分のブロックを小さくするのか、データベースを大きくするのかで
意見が分かれていて、運営がうまくいかなくなるかもしれないという不安定さがあります。

運営が分裂する可能性もあるということで、お金の問題なので
早く解決してほしいところですね。

まとめ

ビットコインとは、データ上に両替したお金であり、
これから取引できるお店や場所がどんどん増えていくでしょう。

銀行でお金を取り扱うよりも、メリットが沢山あり、
利用者の増加が予想されている仮想通貨です。

しかし、データベースの中にお金を保管するという点で、
不安を覚える人も多いかと思います。

実際に、知らない間に自分のビットコインを使われたり、
薬物取引に使われるという恐れも考えられます。

そういった問題点をこれから解決していくことが、
ビットコインの一番の課題なのではないでしょうか。

もしもビットコインを使う時には便利な点と問題点とをしっかりと学び、
解らないことが無い状態で利用を開始したいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top