トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

臍帯血バンクとは?仕組みと問題点をわかりやすく解説します

スポンサードリンク

臍帯血(さいたいけつ)を使った再生医療を無届けで行っていた問題で、販売業者や医師らが逮捕されるという事件がありました。

この事件を詳しく見てみると、臍帯血バンクという組織が深く関わっていることがわかりました。

臍帯血バンクは、臍帯血を保管している所だということは何となくわかっても詳しくはわからないという人は多いのでは?

そこで、臍帯血バンクについて、わかりやすく解説したいと思います。

hesonoo

臍帯血とは?

臍帯血はへその緒と胎盤の中を流れる血液のことです。

へその緒は、母親のお腹にいる赤ちゃんが栄養を補給するために重要な役割を果たします。
にもかかわらず、へその緒は産後は、記念に残すか、廃棄されてきました。

実は、へその緒には、赤血球、白血球、血小板など血液のあらゆる細胞を造ることができる造血幹細胞が豊富に含まれているのです。

造血幹細胞は白血病など血液の病気の治療に有効で、この造血幹細胞が含まれている臍帯血は出産時に痛みも危険もなく、採取できるというメリットがあります。

臍帯血バンクとは?

臍帯血バンクは、通常は破棄されるへその緒と胎盤から臍帯血を採取し、冷凍保存する場所です。

提供された臍帯血は患者の治療に用いられます。

この臍帯血バンクには公的バンクと民間バンクの2種類があります。

公的な臍帯血バンク

国の補助を受けている臍帯血バンクで、日本各地にあります。
これらは「日本臍帯血バンクネットワーク」がとりまとめ役となっています。

臍帯血を提供する場合は、臍帯血バンクと提携している病院で出産すれば、提供することが可能です。

費用は無料です。

ただし、臍帯血は提供した母子のものではなくなります。

したがって、提供者が優先的に使うことはできず、将来子供が病気になっても利用できるとは限りません。

民間の臍帯血バンク

臍帯血の保存を事業にしている臍帯血バンクのことをいいます。

公的バンクとの最大の違いは、民間バンクに保管している臍帯血は、赤ちゃん自身や兄弟、家族のためだけに使うことができることです。

保管費用は10年間の保管で25万円前後。
追加料金を払えば保管の継続もできます。

民間の臍帯血バンクは、将来自分や自分の子が白血病など血液の病気になったとき、使えるように保存しておくものです。子供自身の場合、適合率は100%という点が最大の利点です。

臍帯血バンクと骨髄バンクの違い

白血病など血液の病気の治療には骨髄が使われます。

そして、臍帯血と同様に骨髄にもバンクがあります。
その違いを解説したいと思います。

ドナー登録の有無

臍帯血バンクは骨髄バンクのような「ドナー登録」の制度はありません。

一方、骨髄バンクはドナーの血液検査を行ってHLA型(白血球の型)のデータを登録する必要があります。

採取のしやすさの違い

骨髄移植は、骨髄液を取る作業が大変で、提供者も苦痛が伴います。そのため、辞退してしまうことも珍しくありません。

一方、臍帯血バンクは出産時に痛みもなく母子ともに危険性もなく採取できます。

出産の時にさい帯血を採取し、その時点で臍帯血そのものを凍結保存するだけです。

移植までの時間

臍帯血バンクと骨髄バンクには移植までの時間の違いがあります。

骨髄バンクでは、ドナーとのコーディネートを要するため、移植を実施するまでにかなりの時間が必要となります。

一方、臍帯血はすでに冷凍保存されているので、コーディネートの必要がなく、移植までの時間が短縮できるのです。

含まれる造血幹細胞にも違い

臍帯血と骨髄に含まれる造血幹細胞にも違いがあります。

臍帯血の中の造血幹細胞は、骨髄の中の造血幹細胞よりも増殖力が高いという特長があります。

このため、臍帯血移植は骨髄移植に比べて、10分の1程度の細胞数でも移植が可能です。

臍帯血治療の問題点

臍帯血に含まれる造血幹細胞は、白血病など血液の病気になった患者さんに移植します。

しかし、血液のHLA型が合わないと移植はできません。

HLA型の適合確率は、意外に低く、兄弟姉妹間で25%、非血縁者になると、数百から数万分の1と言われます。

臍帯血治療は、移植を希望する患者に凍結保存されている臍帯血の中から適合するものが提供されます。

そのため、より多くのさい帯血を凍結保存しておくことが必要となります。

自分の子供が白血病などにかかり、造血幹細胞の移植が必要になった場合、臍帯血が保存してあれば、HLA型が一致するため、すぐに移植可能となります。

民間の臍帯血バンクを利用すれば、上記のようなケースにも対応できることになります。

臍帯血の美容アンチエイジング効果は?

臍帯血医療は、白血病などの特定の疾病が対象です。

それ以外の目的で使用する場合は。再生医療安全性確保法に基づく治療計画の提出などが必要となります。

ところが、今回逮捕されたクリニックはいずれも手続きを行っていませんでした。

これらのクリニックの中には、アンチエイジングなど美容効果があるとして投与していました。

しかし、厚生労働省は、美容やアンチエイジングへの効果について、「科学的根拠がない」としています。

通常、臍帯血移植は、白血病のみに認められています。

臍帯血幹細胞の移植は難しく、生着しなかったり、副作用があったりというリスクがあります。

臍帯血移植は血液内科がある国立病院や大手病院など限られています。
1年以上の経過観察が行われるなど、非常に厳しい治療なのです。

まとめ

ということで、臍帯血バンクの仕組みと問題点について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

再生医療での臍帯血の有用性が高いがゆえに不正を働く業者が出てくるのでしょう。

子供の将来の病気に備え、臍帯血を保存するには民間のバンクを利用するには、費用がかかるのが難点です。

一方、公的バンクに臍帯血を提供する場合は費用は一切無料です。

自分で使うことはできませんが、人助け・社会貢献と考えれば、非常に意味があることではないでしょうか?

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top