トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

スーツと礼服の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

大人になったらマナーとしてスーツだけでなく礼服を用意するべきと言われています。

そんなときふと疑問に思うことがありませんか。

礼服を買わなくてはいけないの?
全てスーツではいけないの?

それに、洋服店に行って見てみても、そんなに違いがないんじゃないかと思えてきます。

そこで、知っておかないと恥をかいてしまうかもしれない、
礼服とスーツの違いを説明していきたいと思います。

eeb37a392de301c627d761ada70bbac8_s

色の違い

まず、礼服とスーツを着る場面で一番迷いがちなのが、
冠婚葬祭の中でも“葬”の部分ではないでしょうか?

突然の不幸の席などでは服を用意するのが間に合わないといったこともあり、
礼服の代わりに黒いスーツではいけないのかとも思います。
そこにはどんな違いがあるのでしょうか。

見た目には確かにどちらも似ているので、周囲の人も気にしないことが多いです。
しかし、太陽光の元では黒い色の深さに大きな違いが出てしまい、
スーツであることが解りやすくなります。

着用シーンの違い

先ほども書きましたが、礼服はお葬式、つまり告別式で着るのにふさわしい服装です。
ここでいくら黒い色でもスーツを着用していると、マナー違反と見られてしまいます。

逆に、礼服はスーツを着るような場面で着ることは好ましくありません。

例えば、同じ冠婚葬祭の場面でも結婚式に礼服は間違いです。
礼服は告別式を連想させるためです。
おめでたい結婚式などのシーンに、悲しみを連想させる礼服を着ていくのは止めておきましょう。

また、普段の仕事に着ていくスーツが洗濯してその場にないからと言って、
礼服で出勤するのも間違いです。
身内に不幸があったのかと周囲に思われているかもしれません。

見た目の違い

礼服とスーツはよく比べてみると少しずつ違いがあります。

最近のスーツは、体のラインにピッタリと沿うラインのデザインが多くなってきました。

それと比べると、礼服は若い世代が着用するものでもラインは太めです。
パッと見ただけでは解らないからいいだろう…と思っていても、
見る人が見ればすぐにわかるもの。

油断せず、シーンに合わせてきちんと着用しておきたいものですね。

礼服は大人のマナー

これまで書いてきたように、スーツと礼服では見た目にも違いがありますし、
着用するべきシーンが異なります。

こうしたマナーは大人になれば自然と身につくものですので、
知らずにいると大きな恥をかくことになります。

「この人は常識がない」と思われないようにしたいものです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top