トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

悪質な不用品買い取り業者が急増中!実際にあったトラブル実例集

スポンサードリンク

大型の家具や、自分ではどう処理していいのかがイマイチ解らない不用品。
これらを買い取ったり、代わりに処理してくれるのが、不用品買取業者です。
引っ越しの時などに、とても便利ですし、しっかりと対応してくれるので安心ですよね。

しかし、中には悪質な営業の仕方をとっている不用品買取業者も多数あります。
一見しっかりした業者かと思っても、トラブルが起こってしまったという事例も。
では、実際にどのようなトラブルがあったのかを、ご紹介したいと思います。

088727

・家の中を傷つけられた

回収するときに、大型の家具が壁に当たり、傷がついてしまったというトラブルです。
器物破損に当たる行為ですが、修繕費用などは支払ってもらえなかったということです。
良い業者なら、細心の注意を払って運び出すもの。
悪質な業者だと、手間を惜しむので、家の中まで配慮してくれないのです。

・処理したはずのものが不法投棄されていた

不用品として回収してもらった、自転車や小さめのタンスが、
後日捨ててはいけない場所に放置してあった、と警察から連絡があった
とのこと。
そんなはずはない、と業者に確認しても、自分は処理をしたと言い張るのだそうです。

結局、自転車などのゴミ処理費用を負担することになってしまったという例です。
回収だけしておいて、その後の処理方法がずさんな場合のトラブルです。
中には、引っ越し業者と回収業者が手を組んで、
こういった悪い対応をしていることもあるそうです。

・手数料無料はウソ

投かんされるチラシに、不用品回収無料とあったので頼んだところ、
無料なのは一部で、殆ど手数料が取られたというトラブルです。
チラシをポスティングしていくような業者は、悪質なものである可能性が多いです。
また、トラックを使い、スピーカーで無料だと宣伝して回る業者も、
怪しいところが多い
ということを頭に入れておきましょう。

・勝手に査定して持っていく

不用品として持って行ってもらうつもりのもの以外にも、
勝手に、これもいらないでしょう?と言って、手数料を上乗せしてくることも
こういった場合、相手も強い口調で脅してくるのですが、決して折れてはいけません。
警察沙汰になるのは相手も困るものなので、毅然とした態度でしっかち断りましょう。

こうした、トラブルの例が多数ありますが、もちろん優良な業者の方が多いのも事実です。
まずは、電話で見積もりを出してもらったり、
ネットなどで口コミをチェックしてみましょう。

悪質な業者なら、電話ではなくすぐに自宅に来ようとしますし、
口コミでも異様な高評価が並んでいたりします。
おかしいな?と思える業者には頼まないようにし、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top